腕のコリをボールでほぐす方法 抱っこで腕が痛くなった時にお試しください

さて、今回は「腕のコリをボールでほぐす方法 抱っこで腕が痛くなった時にお試しください」という題でお話ししたいと思います。

 

痛みの原因

子育て中の方や保育士さんなど、お子さんを抱っこする機会が多い方は

上腕部の筋肉-上腕二頭筋(力こぶの筋肉や上腕三頭筋など)に負担がかかり過ぎてしまうため、

腕が痛くなってしまう場合があります (>_<)

 

対処法について

今回は、上腕二頭筋や上腕三頭筋が痛くなってしまった時の対処法についてお伝えします (^.^)

 

上腕三頭筋のケアの方法について

テニスボールを1個用意します。

下の写真のような体勢を取ってもらいます。

で、ボールの上に上腕三頭筋を乗せる。そして10秒くらいじっとしている。

10秒経ったらボールの位置をずらして、その場所で10秒静止。

 

それを場所を変えて繰り返します。

上腕三頭筋のトリガーポイントをボールを使ってほぐす

真ん中あたりをほぐしたり。

 

肘の周りの筋肉のトリガーポイントをボールを使ってほぐす

肘の付近をほぐしたり。

 

上腕二頭筋のケアの方法について

次にこんな感じで上腕二頭筋(力こぶの筋肉)をほぐしたり。

上腕二頭筋のトリガーポイントをボールを使ってほぐす

 

胸の筋肉のほぐし方

抱っこしていると胸の筋肉も凝ってきますので、写真のような位置にボールを当て、そのまま壁に寄り掛かる (^.^)

で、10秒静止。

10秒経ったらボールの位置を変えて10秒静止。

これを場所を変えて何か所か行います。

ボールを使って大胸筋のトリガーポイントをほぐす時のボールを当てる位置

大胸筋のトリガーポイントをボールを使ってほぐす

こんな感じです。

 

腕の痛みに対する他の対処法

※こちらのブログも参考にしてみて下さい。

肘が痛い、腕が重い方へ 手が疲れない腕のほぐし方

抱っこのし過ぎで腕が筋肉痛になってしまった時の対処法

 

※こちらのブログ記事にも腕の痛みの解消法が載っています。

腕を上げようとすると腕の付け根のあたりが痛いという方へ

参考にしてみてくださいね (^_^)

 

 

関連記事

腱鞘炎になりにく抱っこのやり方とは?

抱っこによる腱鞘炎の解消法

抱っこのし過ぎで腕が筋肉痛になってしまった時の対処法

抱っこのし過ぎで腕が痛くなった時の対処法

産後の骨盤矯正 赤ちゃんを身体の前で抱っこし過ぎて腰痛になってしまった方へ

スリングで前抱っこは腰痛になりやすい

腰痛予防 抱っこひも・ベビーキャリーで前抱っこした時の注意点

 

 

産後の骨盤矯正について詳しくはこちら

産後の骨盤矯正

この記事に関する関連記事