五十肩? 前からだと腕が上に上がるが、横からだと腕が上に上がらない

今回は、「五十肩? 前からだと腕が上に上がるが、横からだと腕が上に上がらない」という題でお話ししたいと思います。

 

先日、前からだと腕が上に上がるけど、横からだと腕が上に上がらないという方がお見えになりました。

確かにその動作をやってもらうと腕が途中で止まってしまいます ^^;

さらにがんばって上げてもらうとすると肩の筋肉(僧帽筋)や腕の上側の筋肉(三角筋)に痛みが出るそうです。

 

このような場合は、肩の筋肉や腕の上側の筋肉をほぐすだけでは、腕は横からあげられるようになりません。

 

腕を横からあげる場合は、背中にある筋肉も関与しているからです。

腕を横から上に上げる場合は、背中の筋肉はある程度脱力してないといけないのですが、この方の場合は、背中がカチカチに凝っていたため、脱力しきれていませんでした。

 

「大リーグボール養成ギブスを着けているようなものですよ (^.^)」と申し上げたら笑って下さいました (ホッ)

背中の筋肉をほぐすと腕が横から上がるようになりました (^.^)

 

前からだと腕が上に上がるけど、横からだと腕が上に上がらないという方は、五十肩を疑う前に背中の筋肉がこってないか確認してみて下さいね。

 

そう言われても自分ではどうしようもない (>_<)

という方は当院にご連絡ください。

五十肩について詳しくはこちら

この記事に関する関連記事

横浜・鶴見の整体【痛み・自律神経の乱れ改善専門】てらお整体院