ぎっくり腰の後に自転車に乗ってよいか?

今回は「ぎっくり腰の後に自転車に乗ってよいか?」という題でお話しします。

 

いきなり結論! 「ぎっくり腰の後に自転車」、私は勧めません (・_・)

 

自転車に乗るメリットは、歩くより短時間で移動ができることでしょうか。

 

次にデメリットを挙げていきます。

 

自転車のペダルをこぐとき、前かがみになりがちです。

そうなると腰椎と仙骨の境目や仙腸関節にに負担がかかりやすくなります。

その結果、腰痛になりやすくなります。

 

また自転車に乗っている時は、骨盤底でサドルにまたがることになりますが、この姿勢は恥骨結合に負担をかけるので骨盤が歪みやすくなります。

その結果、腰痛になりやすくなります。

急停車した際、ぎっくり腰の身体で身の安全を確保できるのか疑問(周りにも迷惑をかける可能性あり)。

 

こんな感じでしょうか。

私の思いつく限りの範囲では、デメリットがメリットを上回ります (^_^;)

 

ぎっくり腰の場合、「座る」行為は避けた方がよいです。

自転車に乗る、ということは見方を変えれば「座る」にほかなりません。

これらの理由から、ぎっくり腰の後に自転車に乗ることはすすめません。

 

早く回復するためにも、ある程度痛みが引いてきたら自分の脚で歩きましょう。

その方が自転車に乗るより、骨盤が整いやすいですよ (歩く時の太腿の骨からの締め付けによって仙腸関節が整ってくるので)

 

********************
座ることとぎっくり腰などの腰痛との関連を解説した動画を紹介いたします。
参考になさって下さいネ。

・腰痛の原因となる姿勢 (椅子の座った時)

 

・腰痛予防 椅子の座り方

 

ぎっくり腰の後に自転車が良くない理由がお分かりいただけたでしょうか?

これらの動画を参考にして、少しでもぎっくり腰のリスクを減らしてくださいね。