骨盤を立てて仙腸関節性腰痛の再発を防ぐ

仙腸関節性腰痛の再発予防には姿勢が大切です。

 

背中・腰を丸めた姿勢だと仙腸関節にストレスが加わりやすいです。

 

椅子に座っている時に骨盤が後傾していると仙腸関節が歪みやすいです。

 

座面に当たるのが坐骨ではなく仙骨そのものになるからです。

 

仙腸関節性腰痛の予防・再発防止のためにも普段から”骨盤を立てる”意識を持って過ごしましょう。

 

※これは仙腸関節性腰痛に限らず、すべての腰痛に当てはまります。腰痛でお困りの方は”骨盤を立てる”意識を持ちましょう。