血栓症について調べたこと

血栓症について知りたかったので、「血栓症を疑う場合」というキーワードで検索して、出てきた項目を一部抜粋しました。

 

以下、サイトより引用。

 

血栓症の初期症状(まえぶれ)

ふくらはぎの痛み・むくみ・手足のしびれ(通常は片方のみです)

鋭い胸の痛み、

突然の息切れ

胸部の押しつぶされるような痛み

激しい頭痛、めまい、失神、視覚、言語障害(目のかすみ、舌のもつれ)

左右どちらか片方の手足の脱力や麻痺

https://www.asagiri-hp.or.jp/sinryouka/sanhuzinka/tokushoku/huzinka/piru

 

 

肺血栓の予兆は?

急性肺血栓塞栓の前兆として、下肢(ふくらはぎ)の痛みを伴う腫れ、突然生じた息苦しさ、胸の痛み、血圧の低下、脈の増加などがあります。

しかし、この症状は、急性心筋梗塞・大動脈解離・肺炎・うっ血性心不全・肺気腫や慢性気管支炎・気胸・胸腔内腫瘍等の疾患の症状にもにているため、診断に苦慮することもあります。 http://suzukinaika.net/column.html?code=7

 

 

血栓ができやすい人の特徴は?

60歳以上の人に発症しやすく、心房細動(脈拍が不規則に乱れる不整脈)などの心疾患により不整脈が起こると、心臓の働きが悪くなり、血流がよどみ、心臓内の血液が固まって血栓ができやすくなる。

研究では、45歳以上の男女3万239万人を対象に、4.6年の追跡調査を行った。

https://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2013/003191.php

 

血栓の血液検査は?

血栓症の診断にはCTやMRI、超音波検査が重要で、確定診断には血管造影検査が用いられます。

血液検査においてはDダイマーが血栓症の判定に用いられます。

Dダイマーは、血栓(フィブリン)がプラスミンによって分解される際の生成物で、血栓症発症の数日後にピークとなり、約1週間以内に正常に戻ります。

http://www.crc-group.co.jp/crc/q_and_a/37.html

 

血栓があるかどうか調べる方法?

血栓症の検査方法 「CT」「血液検査」を行ったうえで、血栓症を疑う場合の確定診断には超音波検査や血管造影検査を行います。

肺塞栓を疑う場合は「造影CT検査」「肺換気血流シンチグラフィー」が行われることもあります。

 

 

血栓の確認方法は?

血液検査:血栓が生じた際に上昇するDダイマーなどを測定します。

超音波検査:足の静脈を観察し、血栓ができているかを確認します。

肺血栓塞栓症を生じた場合は心臓にも負担がかかることがあるため、心臓超音波検査を追加する場合があります。

CT:足の静脈や肺の血管(肺動脈)に血栓ができていないかを確認します。 https://www.osakah.johas.go.jp/section/cardiovascular/car-page8

 

 

血栓を作らないためにはどうしたらいいか?

血栓症を予防するためには、水分を十分に補給することが大切です。

熱中症などの脱水状態では、血液はドロドロになり、血栓ができやすくなります。

さらに、下肢を積極的に動かして血液を滞らせないように注意しましょう。

長時間のデスクワークや乗り物移動では、時々足首を曲げ伸ばししたり、両脚のマッサージが有効です。

https://nara.med.or.jp/for_residents/11006/

 

 

血栓症のふくらはぎの痛みは?

下肢静脈瘤はふくらはぎのだる重さ、急なこむら返りが起こります。

また、静脈のこぶに血栓(血の塊)ができた場合、こぶが赤く腫れて強い痛みを伴うようになります。

このようなふくらはぎの痛みがある場合は、血管外科のある病院を受診し、治療の相談をしましょう。

https://www.yotsuya-kekkanclinic.com/swelling/cause10/

 

 

血栓症 何科を受診?

血管外科とは血管外科では、血管(動脈、静脈およびリンパ管)における疾患を診療します。

閉塞性動脈硬化症や下肢静脈瘤、深部静脈血栓症などの診断治療をします。

http://kimura-hp.or.jp/department/vascular_surgery/

 

以上、引用終わり。

横浜・鶴見の整体【痛み・自律神経の乱れ改善専門】てらお整体院