顎関節症で、歯医者に行っても効果がなかった人にオススメです

アンケート用紙

顎の凝りがひどく、口が開かない状態が1年くらい続きましたが、てらお整体院に通うようになってから3週間くらいでだいぶ良くなりました

 

顎の筋肉にのみ働きかけるのではなく、全身の筋肉をほぐし、バランスを整えることによって顎にかかる負担を軽減することができました。

 

顎関節症で、歯医者に行っても効果がなかった人にオススメです。

(googleの口コミより引用)

H,Aさん 横浜市鶴見区 20代男性

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

■先生からのメッセージ

施術者のコメント

初回

「1年程前から右顎にこわばりを感じている」、「以前は右ばかりで噛んでいた」、「1ヶ月後くらいまでに改善したい」ということでご来院。

立位バランス検査:頭の使い過ぎ、目の使い過ぎ、心理的負担があることがわかった(負担をかけている原因について心当たりはないかと尋ねたところ、重要な資格試験を一週間後に受験するとのこと)

姿勢:反り腰。

開口検査:開口動作は問題有り。普通、口を開ける時、耳の穴の前がボコッと盛り上がってくるが、この方にはその動きがない。アイーンの動きをやってもらうと下顎が右にずれていく。

筋緊張検査:肩、背中、胸鎖乳突筋、後頸筋群、咬筋に硬さが見られた。(ご本人には自覚はないが、ひどい肩こり状態)

施術
骨盤調整
大腿骨と骨盤の位置調整
前頸部(首の前側)の筋肉の調整
頸椎の並び調整
頭蓋骨の位置調整
咬筋の調整 などを行った。

セルフケア:「アイーン」の動きを指導。

 

2回目 前回から一週間後

・「こわばりは変化なし。まだ続いている。」
・立位バランス検査は、問題が無くなった。
・施術は前回の施術と反り腰改善のための脊柱調整を行った。

 

3回目 前回から一週間後

・「右顎がちょっと楽になってきた。」

・施術は前回と同じ。

 

4回目 前回から一週間後

・「だいぶ楽になってきた。」

・施術は前回と同じ。

 

5回目 前回から3週間後

・「右の顎がこってきた。」

・立位バランス検査でも平衡覚や心理面に負担がかかっていることが分かった。

デスクワークの時間が長いため、首肩の筋肉に負担がかかっている。その影響で顎のこりが誘発されてしまっている状況。

 

以降は、月一回で顎首肩のケアでご来院。

このような感じで施術を行っています。

 

顎関節症で、歯医者に行っても効果がなかった方はお気軽にお問い合わせください。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

美味しいものが食べれなくて、なんのために生きてるのだろうという辛い日々でした
アゴが外れ、噛むのも痛かったですが・・・
一年程前より顎関節症になり、カクカク音にイラついて食事もままなりませんでした