こ 腰痛 対処法

当院の腰痛への対処法について

まずお話を聴く

いつから、何をきっかけとして、どんなふうに痛いのか、過去に腰痛の経験があるのか、ケガや骨折の経験があるか、など痛みの履歴についてうかがいます。

検査

次に姿勢の観察を行います。

 

骨盤の高さの左右差の有無、背骨のカーブの仕方(平背、猫背、反り腰、後弯・・・)を確認します。

 

痛みの原因となっている筋肉、関節がどこかを調べるために、腰の前屈、後屈、側屈、回旋など動作確認を行います(痛みの強い人にはやってもらいません)

 

次に腰・骨盤周辺の筋肉の状態を確認していきます。

施術

筋肉の状態、骨盤・背骨の歪みの状況が分かったら、骨盤の歪みを優しいタッチのBRM療法を用いて整えていきます。

 

仙腸関節に問題がありそうな場合は仙腸関節を整えていきます。多くの場合、この段階で痛みが大幅に楽になります。

 

※体を捻ってボキボキするような施術はいたしません
ご安心下さい。

施術する主な筋肉

腰方形筋

腰痛をみてもらいに普通の整体やマッサージ店に行くと、ベッドにうつぶせになって背骨の腰あたりを押してもらったり、揉んでもらったりすると思います。

その押してもらったり揉んでもらったりしているところが、腰方形筋のあるところです。

腰方形筋はほぐしてもらうと一時的に腰痛が楽になったりします。当院でもここをゆるめていきます。

でも腰方形筋は、腰の痛みの一番の原因でないので、ここだけ施術してもまた痛みがぶり返してしまいます。

 

当院ではこの筋肉だけでなく、周辺の筋肉もゆるめていきます、

腸腰筋

腰痛を引き起こす主な筋肉は、腸腰筋(大腰筋、腸骨筋)と呼ばれる筋肉です。

 

なのでこの腸腰筋が弛むように骨盤調整したり、トリガーポイントセラピーでほぐしていきます。