あ 顎 他で良くならない理由

なぜ他では改善しないのか?

一言で言うと、顎の不調の原因を取り違えているからです。以下に詳しく説明していきます。

マウスピースで改善しない理由

顎の調子が良かったころのことを思い出してみましょう。

 

顎を動かすときに歯を使っていましたか?

使ってませんよね。

 

そう、顎の開け閉めに歯は使わないんです。

では顎の開け閉めのときに使っているのは何かっていうと、それは顎のまわりの筋肉です。この筋肉に問題が起こっているから、顎関節症の症状が出ているのです。

 

もちろんマウスピースは歯をケアしてくれます。喰いしばりで歯がすり減るのを防いでくれます。

 

しかしながらがマウスピースは顎を動かす筋肉はケアしてくれません。だからマウスピースでは顎関節症は改善しないのです。

痛み止めで良くならない理由

「炎症を起こしているから」と言われて、痛み止めをもらう場合があると思います。

 

確かに痛み止めは、効けば痛みは感じなくなります。

 

でも痛みを感じなくなっているだけで、顎関節の状態が良くなっているわけではないのです。だから痛み止めを飲んでも顎関節症はよくならないのです。

電気・マッサージで改善しない理由

整骨院・整体院によっては顎の筋肉にアプローチしてくれるところもあると思います。顎の筋肉をマッサージをしてくれたり、電気を当ててくれたり。

 

症状が軽い場合は、効果を感じられるかもしれません。でも電気やマッサージだけでは、顎の動かし方まで変わらないのです。

 

だから電気を当てたり、マッサージするだけでは顎関節症は改善しないのです。