ヘルニア 施術内容

腰椎椎間板ヘルニアに対する施術

骨盤の歪みを整える

はじめに腰椎の土台となる骨盤を整えていきます。骨盤が整うと、腰椎の並びが整い、腰椎椎間板を絞めつける力が弱まります

 

腰椎椎間板を絞めつける力が弱まるのでヘルニア(椎間板の中身の飛び出し)再発を防ぐ効果が期待できます。

 

また骨盤が整うと腸腰筋、腰方形筋、臀筋群がゆるみやすくなります。

骨盤と太ももの位置を整える

骨盤と太ももの骨の位置を整えることで、太ももの後ろ側の筋肉がゆるんできます。

 

太ももの後ろ側の筋肉がゆるむと、太ももの裏側のつっぱり感や痛みが弱まります。

 

また坐骨神経をしめつける力が減るので、しびれが改善されます。

骨盤と背骨の位置を整える

骨盤と背骨の位置を整えることで、背中の筋肉がゆるんできます。

 

背中の筋肉がゆるむと椎間板を圧縮する力が弱まります。

 

また腸腰筋、腰方形筋、臀筋群もゆるみやすくなります。

腰の筋肉をゆるめる

通常の腰や臀部や脚部の痛みの場合、骨の位置を整えるだけでも筋肉はゆるみ、痛みは楽になっていきます。

 

しかしながら腰椎椎間板ヘルニアになってしまうような方は、骨格を整えるだけでは痛みは楽にならない場合が多いです。

 

トリガーポイントセラピーという筋肉を直接刺激する方法も用いて、硬くなった筋肉をゆるめていきます(筋肉の状態によっては、ちょっと痛い施術となります)。

臀部の筋肉をゆるめる

臀部の筋肉もトリガーポイントセラピーでゆるめていきます。

臀部の筋肉がゆるむことで、臀部や太ももの裏側にかけての痛みが楽になっていきます。

また坐骨神経をしめつける力が弱くなり、しびれが楽になっていきます。

太ももの裏側の筋肉をゆるめる

太ももの裏側の筋肉もトリガーポイントセラピーでゆるめていきます。

太ももの裏側の痛みが楽になっていきます。

坐骨神経への圧迫が弱くなるのでしびれが楽になっていきます。

ふくらはぎの筋肉をゆるめる

ふくらはぎの筋肉をゆるめることで、ふくらはぎ周辺の痛み・しびれが楽になっていきます。

背中の筋肉をゆるめる

背中の骨の並び方を整えるだけでは背中の筋肉がゆるまない場合は、他の筋肉同様、トリガーポイントセラピーで背中の筋肉をゆるめていきます。

背中の筋肉がゆるむことで腰や臀部の筋肉の張りがゆるみやすくなります。

首の筋肉をゆるめる

骨盤・骨格調整やトリガーポイントセラピーを行っても腰や背中の筋肉の硬さが残ってしまう方がいらっしゃいます。

そのような方は首がガチガチに硬くなっている場合が多いので、首の筋肉をゆるめる施術を行います。

 

以上のように、いろいろな方法を使って腰椎椎間板ヘルニアの痛み・しびれを改善しています。

【自律神経の乱れ改善専門】てらお整体院