「BRM療法ベーシックセミナー上肢肩甲骨編」でテーブルトレーナーを務めてきました

整体方法はいろいろ学びましたが、BRM療法は私が一番の好きな方法で、後継者育成講座なるものまで受講させていただきました。

 

※テーブルトレーナーとは を説明するためにBRM療法セミナーの運営形態を説明しておきます。セミナー講師はBRM療法創始者の吉田邦夫先生。その下にトレーナーの先生が二人。さらにその下にテーブルトレーナーと呼ばれる講師の先生・トレーナーの先生のお手伝いをする人が何名かいます。

 

受講者数は約30人!

講師の先生、トレーナーの先生方、テーブルトレーナーの方々と協力して手技のやり方を説明して回りました。

 

受講者の方から質問されて、即答できるものもあれば、答えに窮することもあり・・・^^;

そんなときは講師の先生や兄貴分のトレーナーの先生方にヘルプを求めて、とにかく受講生の方に満足してもらえるよう奔走してた2日間でした。

 

ふだんあまりしゃべらないので2日間で2ヶ月分しゃべった感じ(笑)

嵐のレコードオブメモリーズのTシャツを着ている、後ろ向いているの人が私。その左にいる白いシャツを着ている方がトレーナーの柳先生。

「背骨から肩甲骨の内側までの距離が右と左でこんなに違う」と柳先生が説明している図です。

受講生にお伝えする中で、自分自身が確認不十分だったところが浮き彫りになって、それを講師の先生やトレーナーの先生に確認することで自分にも学びになりました。

充実した2日間でした。