HOME > 腰椎椎間板ヘルニアの痛みのページ

腰椎椎間板ヘルニアの痛み

腰椎椎間板ヘルニアの痛みを改善したい方へ

こんな症状でお困りではないですか?

お尻や太腿の裏、ふくらはぎ、足先まで痛くてしびれる

くしゃみや咳をすると足に電気が走るような感じがする

痛みのため仕事を長期間休んでいる。仕事が続けられるか心配。

「ブロック注射」「トリガーポイント注射」など受けたが良くならなかった

「痛みを取るためには手術しかない」と言われたが、できれば手術以外の方法で良くなりたい



腰椎椎間板ヘルニアの痛みとは(一般的な話)

※当院の見解と異なるものもあります。

症状

  • 腰痛と足の痛み
  • 足に感覚障害、筋力低下、反射の異常が起きることもある。
  • 症状が強いと前かがみができない、左右どちらかに身体が曲がる(疼痛性側弯)。
  • 筋力低下のため、踵歩きや爪先歩きが出来なくなる場合もある
  • 片脚を引きずることもある

原因

椎間板軟骨の線維輪に亀裂が起こり、その中に入っていた髄核が飛び出したり、線維輪そのものが飛び出したりして、脊柱管の中に入っている神経を圧迫することで起こる。

きっかけ

外傷をきっかけとして起きたり、
床に置いてあるものを取ろうとして、ほんの少し身体を曲げたり捻ったりして起こるとがある。

どんな人がなるか

早ければ10代前半でなる人もいる。
30~40歳代に多く見られる。

病院での処置

検査

前屈検査が行われます。膝を伸ばしたまま、床に手が届くように前屈をした時にお尻から足の方に痛みが走るかどうかを確認します。
ラセーグ徴候を調べるためにSLRテストを行ったり、足の感覚や筋力、腱反射などを調べます。
MRIの画像やCT、椎間板造影、脊髄造影でヘルニアの存在を確認する場合もあります。

初期の処置

はじめは「安静」と「薬物療法」として「消炎鎮痛剤の使用」がなされます。
薬物療法で抑えられない痛みに対しては、硬膜外腔にステロイドを注射する場合もあります。
多くの場合、2~3週で激しい痛みは和らぐ、とされています。

回復期の処置

安静にしているとかえって症状を長引かせることになるので、できるだけ普段の生活に戻していく、というのが基本。運動療法(腹筋強化、ストレッチ)、姿勢指導などが行われる。

回復期の目安:「足の痛みは軽くなったが、しびれが残っている」という状況。神経の炎症は消退して、良い方向に向かっていると判断される。、


当院の腰椎椎間板ヘルニアの痛みに対するアプローチ

腰椎椎間板ヘルニアの痛みの原因

飛び出してしまった髄核やちぎれてしまった線維輪・・・
身体にかかり続けたストレスの大きさを物語っています。

腰椎椎間板ヘルニアになってしまった方は、前かがみで重いものを持ったり、重いものは持たなくても前屈の動作を何度も繰り返していたり、前かがみの姿勢で長時間過ごしていたことでしょう。

何度も繰り返された前屈姿勢、前かがみの動作によって腰椎周りの筋肉が極度に収縮して、椎間板の中の髄核を後ろに押し出してしまった。これが腰椎椎間板ヘルニアになってしまった原因と考えます。

筋肉は極度に収縮しても、休息や睡眠がちゃんと取れていれば、回復して元の弛んだ状態に戻れます。

しかしながら仕事が忙し過ぎたり、スポーツの練習量が多過ぎたりで、休息・睡眠が十分とれない場合は、筋肉の疲労回復が追い付かず、筋肉が収縮しっぱなしの状態、すなわち攣った状態になってしまいます。

これが「腰椎椎間板ヘルニアの痛み」の原因と考えます。

「腰椎椎間板ヘルニアの痛み」が良くなりにくいのは?

  • 痛みが絶えず襲ってくるので気持ちが折れてしまうため
  • MRIの画像を見てしまったこと、権威ある方からの一言による潜在意識への刷り込み
  • 不適切な処置や施術を受け続けていること
  • 痛みのため仕事を休んでいる罪悪感
  • 仕事を辞めなければならないかも・・・という不安(収入面での不安含む)

など・・・
精神的な不安は筋肉を余計に緊張させます。なので早い段階で適切な施術を行っている所に行くことが大切です。

当院の痛みの解消法

「腰椎椎間板ヘルニアの痛み」の原因は、”筋肉の攣り”です。
どこの筋肉かというと、人によって多少異なりますが、腸骨筋や大腰筋などの腰や骨盤周りの筋肉であることが多いです。

”筋肉の攣り”が痛みの原因ですから、筋肉を弛めれば痛みは和らいでいくのですが、「腰椎椎間板ヘルニアの痛み」に苦しんでいる方の場合、筋肉がとても過敏になっています。なのでグイグイ押したり、ギューギュー揉んだりするような方法は用いません(その時は気持ち良くても後で痛くなることが多いので)。

「こんなので効くの?」というくらいの方法でまずは骨盤を整えていきます。骨盤が整い、ある程度痛みが引いてから筋肉の調整を行っていきます。

痛みがぶり返してしまう理由

痛みがぶり返してしまう理由を例を挙げて説明します。ふくらはぎの攣りが和らいできても、そのすぐ後に攣った時と同じ動作をすると、再び攣ってしまった、という経験は無いでしょうか。再び攣らないようにするには温めたり、弛んだ状態に筋肉をなじませる必要があります。

それと同じように「腰椎椎間板ヘルニアの痛み」の場合も施術で一度、痛みが楽になっても、すぐに今まで通りのハードな日々に戻ってしまうと再び筋肉が攣ってしまい、痛みが戻ってきてしまいます(筋肉が刺激に対して過敏な状態にあるので)。

筋肉に弛んだ状態をなじませるためにも休息・睡眠を十分に取ったり、最適な刺激の施術を複数回受ける必要があります(具体的に何回必要かは痛みの度合いによります)。



アフターケア

ある程度痛みが楽になってきた段階で、痛みの出にくい姿勢の取り方や、筋肉に柔軟性をつける体操をお伝えしていきます。


他の腰の痛み関連ページへのリンク

腰痛
ぎっくり腰
腰部脊柱管狭窄症の痛み
腰椎分離症・すべり症の痛み
腰椎椎間関節症の痛み
腰椎椎間板症の痛み
仙腸関節性腰痛の痛み
腰椎椎間板ヘルニアの痛み
坐骨神経痛



鶴見の整体「てらお整体院」院長からのあいさつ

鶴見区の「てらお整体院」院長あいさつ「あなたが忘れかけている軽やかに動ける自分を思い出してほしい」

はじめまして。
鶴見の整体「てらお整体院」の石井 俊也です。

「骨盤を整え、筋肉を手入れすることで、今より軽やかに動けるようになる。そして日々楽しく過ごすことができる」

このことを私の生まれ育った街(横市浜鶴見区)の皆様に伝えたい、それがてらお整体院を開院した理由です。


 

推薦文をいただきました!

石井先生の施術を受けられることを心よりオススメ致します。

日本指圧学会 理事 井上寿男先生



体の仕組みを追求し、 苦痛を取り除き、癒したいという熱い想いを秘めている先生です。

医学博士 弁護士 秋山佳胤先生


 

他院との3つの違い

「あれ?これで整体なの?」と思ってしまうほど
ソフトな整体だから、誰でも安心して受けられる

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真① 首の骨を鳴らしたり、苦しい体勢にすることはありません。

「ガチャン!」「ゴトン!」「バキッ!」となるような機械・器具も用いません。バキバキ、ボキボキもしないやさしいソフトな整体なので、どなたでも安心して受けることができます。


痛くないソフトな骨盤矯正とトリガーポイント療法で
根本から不調を改善します。

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真② 骨盤に歪みがあると、腰、背中、肩、首や股関節、膝など広い範囲に影響が出てきます。

関節が硬くなると、関節周辺の筋肉が緊張してしまい、頭痛、肩こり、腰痛、膝の痛みなどを誘発します。

てらお整体院では、非常にソフトな骨盤矯正で骨盤の歪みを整えていきます。

またそっと手を添える程度のやさしい触れ方で背骨や四肢の関節を整えていきます。

このようにして関節の痛みを速やかに解消していきます。

また、近代医学では盲点になりがちな、筋肉に着目し、筋肉できた
【トリガーポイント】を解消することで、お身体の不快な症状を改善していきます。


セルフケアの方法をお伝えしているので、
良い状態を長くキープできる。

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真③ 骨盤が歪みやトリガーポイントを生んでしまう生活習慣の改善のアドバイスをしていきます。

施術後、自分でできる肩こり、腰痛等を予防する体操をお教えしています。

また動画サイトにアップしたセルフケア動画のご案内をしています。

「痛くなったらまた来てください」という考えで施術しているのではなく、当院に来ていない間も、より良い状態で過ごしていただきたい、と考えているからです。



割引特典

鶴見区の「てらお整体院」 今ならホームページ特典で初見料3,000円が無料



施術料金

鶴見区の「てらお整体院」 料金表

地図情報



電話番号 0120-01-3657
お気軽にお問い合わせ下さい。→ご予約・お問い合わせフォームはコチラ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る