HOME > 顎関節症>痛みの原因のページ
メニュー
メールボタン
お問い合わせボタン

鶴見区の「てらお整体院」予約空き情報


顎関節症の痛み・音・開ける時のガクガクの原因

顎の痛みは、咬筋、側頭筋のトラブルが原因です。

顎の音や顎がガクガクするといった問題は 内側翼突筋、外側翼突筋のトラブルが原因です。

次に、咬筋・側頭筋・外側翼突筋・内側翼突筋といった顎に付いてる筋肉に問題が起きてしまう原因について、述べていきます。

下顎骨についてる筋肉に問題が起きる原因

下顎骨についてる筋肉(咬筋・側頭筋・外側翼突筋・内側翼突筋)に問題が起きる原因は、頭、首、胸郭がねじれたり、位置関係が崩れたりすることです。

胸郭に捻じれや左右差があると、舌骨下筋群の働きに左右差が出て、舌骨の位置が体の中心線からずれます。

すると舌骨上筋群が下顎骨を引っ張る力に左右差が出るので、口を開けるときガクガクするようになります。

頭の位置が、前に出ていると、舌骨上筋群が下顎骨を引き下げる効率が悪くなるので、口が開きにくくなります。

このことに加えて頭を支えるために首の周りの筋肉がガチガチに硬くなります。それにつられて口を閉じる筋肉群も緊張してしまうので、口が開きにくくなります。

首こり・肩こりもこれらの筋肉を緊張させ、口を開きにくくします。

他にも身体に痛みがあったり、内臓疲労があったりすると、知らないうちに食い縛り、下顎骨に付いている筋肉を緊張させてしまいます。

このような身体の左右差、前後差、ねじれといったことが下顎骨についている筋肉に不調をもたらす原因です。

なので、直接、下顎骨に付いている筋肉をゆるめることと、頭・首・胸郭の前後差・左右差・ねじれを改善していくこと。これらのことを行えば、顎の悩みの大半はよくなっていきます。

さらに原因をさかのぼると

ねじれたり、位置関係が崩れたりするのは、身体の使い方や生活習慣に問題があるからです。

ここが改まらないと、施術で良くなってもそれは一時的なものになってしまいます。


電話番号 0120-01-3657
お気軽にお問い合わせ下さい。→ご予約・お問い合わせフォームはコチラ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る