HOME > 顎関節症>顎の痛みが良くならない理由のページ
メニュー
メールボタン
お問い合わせボタン

鶴見区の「てらお整体院」予約空き情報


顎の痛み・顎の音がよくならない理由

口腔外科、歯科医に行ってもよくなっていないのなら、

あなたの顎関節症は、歯や口の中に問題があるわけではない、

ということです。

口を開くのに歯を使いますか? 使いませんよね。

口を閉じるのに歯を使いますか? 使いませんよね。

口を開けたり閉じたりするときに使うのは、口や顎の周辺の筋肉ですよね。この筋肉に問題があるから不調が出てるわけです。だから筋肉をケアしないと改善していかないのです。

だから歯や口の中をケアするだけでは改善しないのです。

顎関節症がこじれる段階

当院では顎関節症には以下のような段階があると考えています。

  1. (1)顎が痛い(原因は様々。心理的ストレス、一時的な過負荷)
  2. 顎に痛みを感じ始める。人によっては痛いのが嫌なので、痛みが出ないような動きを身につけてしまう = 代償動作

    (2)痛みは出なくなるが、口の開け方・閉じ方が変になる。
    口を開けると顎関節がガクガクいうようになるがあまり気にならない程度。※本人は無意識にやっているので気づかない。

  3. (3)やがて関節に負担がかかるようになり、顎関節のガクガクも気になるようになる。本人も変な動きになっているのに気づくようになる。
  4. (4)ガクガクした顎の動きに加え、変な動きをしているので筋肉にも疲労がたまり、再び痛みが出るようになる。あれこれ不調が重なり、かなりまいっている状況。

(1)の「ただ痛い」時に施術をして整えるのが理想です。変な癖がついていないうちがベターです。

ただし「顎に痛みが出る」という状況は、それなりに身体全体に不調が溜まっている状態なので、痛みを取るだけにも時間がかかる場合があります(「一度痛みが取れても顎の痛みがぶり返してしまう理由」参照)。

痛みがなかなか良くならない人は、(2)→(3)→(4)と段階が進んでしまっている人です。

段階が進んでしまうと、痛くなかった頃の、顎がガクガクしていなかった頃の動きを思い出しにくくなります。

なので、良くなるのにさらに時間がかかります(本人は無意識にやっている、一種のクセなので)。

しかしながら。

時間がかかりますが、根気よく身体の手入れを続けて、筋肉の緊張を取っていけば、顎の不調は楽になっていくでしょう。


電話番号 0120-01-3657
お気軽にお問い合わせ下さい。→ご予約・お問い合わせフォームはコチラ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る