なかなか良くならない踵の痛みの原因

なかなか良くならない踵の痛みの原因について。

 

骨格、筋肉を整えても踵の痛みがちょっとしか、あるいは全然変化しない人がいます ^^;

何が原因でしょうか??

いきなり結論!

お酒・アルコール類の飲み過ぎ。

 

なぜか

内臓が疲れてしまい、体内環境が良くならないから。

内臓の処理能力が、アルコールという”毒素”の分解に使われてしまい、細胞の修復や体の活力アップのために必要な仕事にまで回らない。

なので、いつまでも痛い。

 

これは別に踵の痛みに限った話ではありませんが。

 

痛みが長引いている人は、ご自身が摂取しているものの中に”毒”がないか、チェックしてみましょう。

 

「お酒は飲まないけど、良くなっていかないんですが・・・」

食べ物飲み物には気を付けているけど、良くなっていかないという人は、

(ご自身が自覚しているかいないかは分かりませんが)内臓機能が低下している可能性があります。

 

(食べ物・飲み物などの外的要因による内臓機能の低下ではなく、それ以外の要因による内臓機能の低下)

 

このような場合は、骨格・筋肉の調整だけでなく、内臓の疲れを取れるような施策(生活習慣の変更、内臓調整の施術を受けるなど)を行っていく必要があります。