HOME > 頭痛のページ

頭痛

頭痛を改善したい方へ

まずはお医者さんで脳や身体に異常が無いことを確認しましょう

頭痛は大きく分けて2種類あります。
まず一つ目は、命に関わる頭痛。
もうひとつは(とてもつらいけど)命に別状ない頭痛。

命に関わる頭痛とは、「脳や体の病気が原因で起こる頭痛」のことで、

  • くも膜下出血、髄膜炎、慢性硬膜下血腫
  • 脳腫瘍、脳梗塞、脳出血、慢性硬膜下血腫、側頭動脈炎

など医療機関で早く適切な処置を受けることが必要な病気に伴う頭痛です。

突然の激しい頭痛
これまで体験したことが無い激しい頭痛
痛みの程度・回数がだんだんと増していく頭痛
原因不明の高熱や吐き気を伴う頭痛
初めて経験する激しい頭痛(特に50歳以上で起きた場合)

このような頭痛の場合は、整体、カイロプラクティック、マッサージのお店ではなく、すぐに医療機関(頭痛外来、神経内科、脳神経外科などお医者さんがいるところ)に行きましょう。
命に関わります。

頭痛に関して、お医者さんによる詳しい解説をお読みになりたい方は日本頭痛学会のホームページの
頭痛について知る」をご覧ください。

※小さい字で書かれているので頭痛にならないように注意して下さい。

当院では、頭痛が辛くて病院に行ったけど「異常が無い」と言われてしまった、でも頭痛がつらいという方を対象としています。


病院に行ったけど「異常が無い」と言われてしまった方へ

「異常が無い」と言われた方、薬以外の方法を試してみたい方は下記のページも参考にしてみて下さい。

「緊張型頭痛」のページ 
「片頭痛」のページ



電話番号 0120-01-3657
お気軽にお問い合わせ下さい。→ご予約・お問い合わせフォームはコチラ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る