HOME > 足底筋膜炎のページ


こんな症状でお困りではないですか?

朝起きた直後の初めの一歩の時、足の裏がピリピリと痛い
長い時間椅子に座っていて、椅子から立ち上がって第一歩を踏み出した時に足裏に強い痛みを感じる
朝ベッドから降りて足を床に着いた瞬間に足裏に強い痛みを感じる
インソールをオーダーメードして使っているけど前より痛みが増してしまった。「良くなるはず」と痛みを我慢して使っているが、本当に良くなるか不安になってきた。
初めの一歩は痛いけれど、何とか次の一歩、次の一歩・・・と歩いているうちに足裏がほぐれて痛みは和らいでいく。また長時間座りっぱなしでいると、次に立ち上がった時に再び同じような激痛が走る。
動き始めの一歩目にズキッと電気が走るような痛みが出るので、足を床に着くのが怖い



足裏の痛みを改善した方の喜びの声をお聞きください

こちらにお世話になっていなかったら、今もまだつらかったかもしれません

Y.K様 47歳 接客業(川崎市中原区)リフォーム後、フローリングになってからの踵の痛み

鶴見区の「てらお整体院」お客様の声①
●いままでの経緯・辛さをエピソードなどを入れて書いて下さい。

はじめはちょっと踵が痛いな、くらいだったのですが、気が付かないうちに、その痛みをかばう様に歩いていたらしく、仕事が終わった後は、足全体が重く、歩くのがつらくなってしまいました。

●この整体の良さは何ですか?(技術的なこと、雰囲気など何でもOKです)

痛い所ピンポイントだけでなく、身体全体を見て頂ける所です。
(はじめは手を当てているだけなのに、ホントに痛みはなくなるのか?と半信半疑でした)

●ここに来て良かったなと思った時はどんなときですか?

徐々に痛みを忘れている時が多くなってます。こちらにお世話になっていなかったら、今もまだつらかったかもしれません・・・

本当にありがとうございます。

●これから来院される方へメッセージをお願いします!

私は今まで一度もマッサージ等の経験がなく、整体もはじめてでしたが、思いきって来てみてよかったです。

これからもよろしくお願いします。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではなく、結果には個人差があります。



10ヶ月痛みで苦しんでいたかかとが不安なく床に着くことが出来ました

M.I様 歯科衛生士(川崎市)10ヶ月続いた踵の痛み

鶴見区の「てらお整体院」お客様の声①
●いままでの経緯・辛さをエピソードなどを入れて書いて下さい。

10ヶ月前から、右かかとが痛み出し、近所の整体でいろいろな施術を受けていましたが、改善されず、このまま痛みと一生付き合っていかなくてはならないかと不安でした。

朝、起きた時の一歩はとても辛いものでした。

●この整体の良さは何ですか?(技術的なこと、雰囲気など何でもOKです)

今まで受けていた整体とは違い、とてもソフトな、これでいいの?と思うほどの施術でした。
受けていて楽でした。

●ここに来て良かったなと思った時はどんなときですか?

1回目の施術が終わるころには、10ヶ月痛みで苦しんでいたかかとが、不安なく床に着くことが出来る位になっていた時、このまま不安なく過ごせるかもと希望が持てました。

●これから来院される方へメッセージをお願いします!

痛みを我慢してこじらせる前に、施術を受ける事をおすすめします。
私は他所で施術を受けていたことを後悔しています。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではなく、結果には個人差があります。



てらお整体院の「足底筋膜炎の原因」に対する考え方

足の骨の構造について

痛みの説明の前に、足の骨の構造を模型を使って説明します。足の骨は下の図のようになっています。

かなり複雑です。もちろん覚える必要はありません(^_^)。これらの骨の間に、足の筋肉が付着しているわけです。これらの骨が正しく並び、筋肉の位置が適正な位置にあり、筋肉の張りが適度な範囲に納まっていれば痛みが出ることはありません。

痛みが引かない理由

病院での処置(痛み止めの薬、湿布、インソール、ストレッチなど)で痛みが引かないのであれば、それは足底筋膜炎の痛みの原因が正しく捉えられていないからです。
当院では足裏の痛みの原因は、

肥満・偏った立ち方・歩き方によって足裏に荷重がかかり過ぎてしまった
足に負荷がかかり過ぎ、足の骨の並方に歪みができてしまった
スポーツなどでの使い過ぎによって足裏の筋肉が非常に疲れた状態になってしまった

場所によってはトリガーポイントと言って筋肉のコリの親玉ができてしまっい、それが足裏周辺に痛みを飛ばしている

などにより足の裏に痛みが出たと考えています。

足の裏の痛みの原因となる筋肉

足の裏に痛みを起こす筋肉をいくつか挙げていきます。

痛みのある所と痛みの発信源が異なる場合があります。これが足裏の痛み、足底筋膜炎の改善し難さの要因になっていると考えられます。

母指(母趾)内転筋、短指屈筋

×印がトリガーポイント(筋肉のコリ)ができた点。赤い点が痛みが出る領域(トリガーポイント疼痛パターンより)。

長指屈筋、長母指屈筋、後脛骨筋

×印がトリガーポイント(筋肉のコリ)ができた点。赤い点が痛みが出る領域(トリガーポイント疼痛パターンより)。

長母指屈筋は足の親指側に、長指屈筋は足裏の真ん中あたりに痛みを飛ばします。後脛骨筋はふくらはぎ、アキレス腱、足裏あたりに痛みを飛ばします。


ヒラメ筋

×印がトリガーポイント(筋肉のコリ)ができた点。赤い点が痛みが出る領域(トリガーポイント疼痛パターンより)。

ヒラメ筋はアキレス腱、踵周辺に痛みを飛ばします。


小指外転筋

×印がトリガーポイント(筋肉のコリ)ができた点。赤い点が痛みが出る領域(トリガーポイント疼痛パターンより)。

小指外転筋は足の小指側に痛みを飛ばします。


足底方形筋

×印がトリガーポイント(筋肉のコリ)ができた点。赤い点が痛みが出る領域(トリガーポイント疼痛パターンより)。

足底方形筋は踵周辺に痛みを飛ばします。

足裏が痛いときにやってはいけないこと

痛みがある時は、筋肉の状態が良くないので、ストレッチで筋肉の線維を伸ばしてしまうとかえって悪化させてしまいます。足裏が痛い時は無理にストレッチを行うのは止めましょう。


てらお整体院ではどうするか

骨の位置の調整

まず骨盤と大腿骨の位置を整えます。大腿骨と下腿の骨の位置を整えます。これだけでも筋肉が弛みます。

踵骨、距骨、舟状骨・・・といった足の骨の位置関係を整えます。これによってさらに筋肉が弛んできます。

筋肉の調整

骨の位置の調整だけで痛みが取りきれない場合は、筋肉の調整を行います。

具体的には、足裏の筋肉やふくらはぎの筋肉などを緩めることでトリガーポイントの活動を抑え、痛みを和らげていきます。

痛みが強い人、長期間痛みが引かない方の場合は、股関節から上の状態も良くないことが考えられます。

なので症状によっては足裏・足首・膝関節・股関節だけでなく、腰や背骨の状態も整えていきます。

それでも良くならない人には内臓調整も

それでもすぐに痛みが戻ってきてしまう方の多くは、過去の経験から内臓に疲れが溜まっていることが多いことが分かっています。

なので当院では、骨盤骨格を整えると同時に、内臓調整も合わせて行うようにしています。

まとめ

以上のような施術を行っているので、当院に来ると足底筋膜炎の痛みが和らぐのです。



アフターケア

痛みを再発しないように、原因となった身体の使い方を改めるアドバイスをいたします。

ある程度、足裏の痛みが引いた段階で足裏、ふくらはち、すねの筋肉を柔軟にする体操をお伝えしていきます。



鶴見区の「てらお整体院」 今ならホームページ特典で初見料2,000円が無料

足裏の痛みを改善した方の喜びの声をお聞きください

通っているうちに痛みが取れていくのを実感することができました

S.T様 20代男性 会社員 (横浜市鶴見区の方) 足裏の痛み

1月頃、朝起きたときに足裏の痛みを感じるようになって、半年間痛みを我慢してきました。
そこで症状から「足底筋膜炎」と知り、こちらの整体院を見つけ、通っているうちに痛みが取 れていくのを実感することができました

施術に通っている最中に仕事でけがをして違うところに支障が出てきたときも相談したところ 足だけでなく、様々な所も対応して下さり本当に助かりました。
ありがとうございました。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではなく、結果には個人差があります。



身体の状態を確認しつつ、施術していただけるので良かった。

taka様 40歳 男性 SE (横浜市神奈川区の方) 足裏の痛み


●いままでの経緯・辛さをエピソードなどを入れて書いて下さい。

足裏の痛みで、立っているのも辛くなる状態になることもあった。

●この整体の良さは何ですか?(技術的なこと、雰囲気など何でもOKです)

身体の状態を確認しつつ、施術していただけるので良かった。落ち着けた。

●ここに来て良かったなと思った時はどんなときですか?

痛みがやわらいで歩くのが楽になった時。

●からだの痛み(腰痛、坐骨神経痛、膝の痛みなど)で悩んでいる人へ励ましの言葉をお願いします。
なぜ痛いのかわからない時に、ひとりで悩まず試すのもいいと思います。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではなく、結果には個人差があります。



鶴見の整体「てらお整体院」院長からのあいさつ

鶴見区の「てらお整体院」院長あいさつ「あなたが忘れかけている軽やかに動ける自分を思い出してほしい」

はじめまして。
鶴見の整体「てらお整体院」の石井 俊也です。

「骨盤を整え、筋肉を手入れすることで、今より軽やかに動けるようになる。そして日々楽しく過ごすことができる」

このことを私の生まれ育った街(横市浜鶴見区)の皆様に伝えたい、それがてらお整体院を開院した理由です。


 

推薦文をいただきました!

石井先生の施術を受けられることを心よりオススメ致します。

日本指圧学会 理事 井上寿男先生



体の仕組みを追求し、 苦痛を取り除き、癒したいという熱い想いを秘めている先生です。

医学博士 弁護士 秋山佳胤先生


 

他院との3つの違い

「あれ?これで整体なの?」と思ってしまうほど
ソフトな整体だから、誰でも安心して受けられる

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真① 首の骨を鳴らしたり、苦しい体勢にすることはありません。

「ガチャン!」「ゴトン!」「バキッ!」となるような機械・器具も用いません。バキバキ、ボキボキもしないやさしいソフトな整体なので、どなたでも安心して受けることができます。


痛くないソフトな骨盤矯正とトリガーポイント療法で
根本から不調を改善します。

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真② 骨盤に歪みがあると、腰、背中、肩、首や股関節、膝など広い範囲に影響が出てきます。

関節が硬くなると、関節周辺の筋肉が緊張してしまい、頭痛、肩こり、腰痛、膝の痛みなどを誘発します。

てらお整体院では、非常にソフトな骨盤矯正で骨盤の歪みを整えていきます。

またそっと手を添える程度のやさしい触れ方で背骨や四肢の関節を整えていきます。

このようにして関節の痛みを速やかに解消していきます。

また、近代医学では盲点になりがちな、筋肉に着目し、筋肉できた
【トリガーポイント】を解消することで、お身体の不快な症状を改善していきます。


セルフケアの方法をお伝えしているので、
良い状態を長くキープできる。

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真③ 骨盤が歪みやトリガーポイントを生んでしまう生活習慣の改善のアドバイスをしていきます。

施術後、自分でできる肩こり、腰痛等を予防する体操をお教えしています。

また動画サイトにアップしたセルフケア動画のご案内をしています。

「痛くなったらまた来てください」という考えで施術しているのではなく、当院に来ていない間も、より良い状態で過ごしていただきたい、と考えているからです。



割引特典

鶴見区の「てらお整体院」 今ならホームページ特典で初見料3,000円が無料



施術料金

鶴見区の「てらお整体院」 料金表

ラインからもご予約可能です

下記のボタンをタップして「友だち追加」して下さい。

友だち追加

施術ご希望の日時をLINEからメッセージを送ってください。

ラインからのご予約も、ご希望日の2日前の19時までにいただけるとありがたいです!

予約状況を確認のうえ、当院より返信をさせて頂いてから予約を確定します。

頻繁にラインを確認しておりますが、状況によりすぐに返信できないこともあります。
お急ぎの方は、お電話 0120-01-3657 へお願いします。

地図情報



次にJR鶴見駅西口からの具体的な来院方法をお伝えしますね。

JR鶴見駅西口から臨港バスですぐ! バス停から徒歩1分

●概略
JR鶴見駅西口から臨港バスに乗って「東寺尾」バス停で下車して下さい。
「東寺尾」バス停からてらお整体院までは徒歩1分程度です。

●乗る路線について
「東寺尾」バス停に停まるバスはいろいろあるのですが、ややこしくなるので「綱島駅行き」のバスに乗って下さい(JR鶴見駅西口の改札口から比較的近いところに乗り場があるので)
鶴見駅西口から綱島駅行きのバスの乗り場は 10番 になります。

●バスの料金の支払い方法
臨港バスの料金の支払い方法は「前払い制」です。神奈中バス、相鉄バス等とは支払方法が異なります。
前の扉から乗車し、運転席横の機械にパスモをかざすか、料金箱に小銭(220円)を入れて下さい。全区間均一料金となっています。

●バスの時刻表
JR鶴見駅西口から綱島駅行きのバスの時刻表は下記にアクセスしてご確認下さい。
臨港バス鶴03系統 鶴見駅西口(10番のりば)->綱島駅行き時刻表

●所要時間
道路状況にもよりますが、約7分ほどで「東寺尾」バス停に到着します。

●途中のバス停
途中のバス停は「豊岡一丁目」、「月見が丘」、「亀甲山」、「二本木」です。

●詳細説明
詳細は、下記のブログの記事をお読みください。

JR鶴見駅西口から、てらお整体院までの来院方法について

その他のアクセス方法

鶴見駅以外からバスで来られる方、自転車、自動車で来られる方は
こちらのページをご覧ください。

横浜市鶴見区の整体 てらお整体院へのアクセス方法



一般的に「足底筋膜炎」の原因とされていること

歩き過ぎや長い時間立ちっぱなしでいることにより、足底筋膜に負担がかかり過ぎて、足底筋膜に亀裂が入って炎症が起きてしまうことが原因とされています。

一般的には、中高年以降の肥満傾向の女性に多いです。

スポーツ障害としては、バスケットボールのように硬い床面の上で走ったりジャンプを繰り返したりスポーツで発生することが多いです。


病院での処置

保存療法

病院では

硬くなった足底腱膜をほぐすストレッチ
鎮痛剤の処方
痛みが強い場合はステロイドホルモンの局所注射

などの保存療法(手術以外の方法)がなされます。
これらと並行して

肥満の解消
歩き過ぎ、立ちっぱなしの日常生活を見直す

など生活習慣改善のアドバイスがなされることが多いようです。
保存療法では、障害の回復まで2~3ヶ月かかるとされています。

インソール

足を床や地面に着いた時に足裏にかかる負荷を分散させる効果が有るとされています。痛みの出方によってインソールの形は変わるので、整形外科の装具外来などでオーダーメードでインソールを作ります。

ストレッチ

朝、初めの一歩が刺すように痛いのは、
足底筋膜の弾力が低下
寝ている間の時間だけでは腱が十分修復されない
という状況にあるわけですが、そのような足底筋膜が硬い状況で足を床・地面に着くと、かかった体重によって足裏の腱が無理やり引っ張られてしまうため、強い痛みが出てしまう、と考えられています。

なので夜寝る前や朝、起きた時に足首から足、足裏までほぐすようにストレッチをすることで、強い痛みを感じにくくなる、と考えられています。

手術(保存療法が効かない場合)

まれなケースだそうですが、保存療法を続けていても痛みが改善しない場合は手術を勧められることがあるそうです(6~12ヵ月間痛みが続く場合)。

手術の方法は
足底筋膜と踵骨(かかとの骨)の付着部を切り離したり
かかとにできた棘のような骨(骨棘)を切り離したり
する手術が行われることがあるようです。


電話番号 0120-01-3657
お気軽にお問い合わせ下さい。→ご予約・お問い合わせフォームはコチラ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る