HOME > 坐骨神経痛を改善したい方のためのページ

坐骨神経痛

坐骨神経痛を改善したい方へ

こんな症状でお困りではないですか?

熱を持ったような痛み、焼けるような痛みが腰からお尻、太ももの裏、ふくらはぎ、足にかけて走っている

常にジーンと、時にはズキズキ痛い。歩くと特に。

横になると最初の10分くらいは楽だが、それ以上横になっているとまた痛くなる

仰向けになって脚を伸ばすと痛いので仰向けで寝れない。横向きになって寝ている

寝ている時、座っている時、立ち上がる時に痛みが出る

死にたくなるくらい痛いときがある。痛みで絶望的な気持ちになる

休みの日は痛みのレベルが上がっている気がする。なので休みの日は寝たきりで過ごしている

ブロック注射をしたが痛みが引かない



当院で坐骨神経痛の痛みから卒業された方の声をお聞きください

痛みから解放され、休まず歩行も出来るようになりました

NOBUTAN様 74歳 主婦 (横浜市鶴見区の方) 坐骨神経痛

●いままでの経緯・辛さをエピソードなどを入れて書いて下さい。

昨年5月から、左おしりに板が入ったようになり、休まず、歩く事が出来なく成り、椎間板ヘルニアによる、坐骨神経痛で、薬を飲んでいましたが、痛みから解放されたいと藁をもつかむ気持ちで11月、てらお整体院に駆け込んだのです。

●この整体の良さは何ですか?(技術的なこと、雰囲気など何でもOKです)

整体はどんな施術をするのか不安でした。それでも11月から通い始め、
初めは施術が優しすぎ、これで痛みが取れるかと思いましたが
毎週通って少しずつ痛みやしびれが良くなってきました。

12月に入って痛みから解放され、休まず歩行も出来るようになりました
2月からは月2回の施術でいい事になりほんとうに良かったです。

●ここに来て良かったなと思った時はどんなときですか?

だんだん痛みやしびれが少なく、歩いているとき。

●からだの痛み(腰痛、坐骨神経痛、膝の痛みなど)で悩んでいる人へ励ましの言葉をお願いします。
良くなるのには根気が要ります、頑張りましょう。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではなく、結果には個人差があります。



根本的な改善に向けた丁寧な施術をしてくださいます

S.K様 61歳 会社員 (横浜市磯子区の方) 腰痛、坐骨神経痛

10年来の腰痛持ちで、年に何回か痛みが発生するということを繰り返していました。
猛暑の今年(平成25年)の夏、またもや腰痛から、右下肢の坐骨神経痛が悪化し(右臀部・右脚の太腿裏側、脹脛、足首の激痛と鈍痛の繰り返し)、全く歩くこともできない痛みで、ひと月間、寝たきり状態となりました。
腰痛には長年苦しめられ、書店で販売しているあらゆる書物を読みましたが、その中で、「トリガーポイント研究所」という団体に行き付き、同所の紹介で「てらお整体院」を訪ねることになりました。
初回から毎回、既往症や現象、痛みの具合などについて、良く話を聞いてくれます。
私の訴えに基づき、根本的な改善に向けた丁寧な施術をしてくださいます
日ごろの姿勢の保ち方や、痛みの再発を防止する体操やストレッチを教えてくれます。
そして、今、確実に快方に向かっており、心から感謝しています。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではなく、結果には個人差があります。



坐骨神経痛の基礎知識

坐骨神経とは

坐骨神経は腰から出て、お尻を通り、太腿の後ろを通って足へ向かって伸びている神経です。坐骨神経は、臀部と下肢の筋肉の運動や、下肢の外側と足の知覚を支配しています。

坐骨神経痛の原因

西洋医学的には、坐骨神経痛は、何らかの原因でこの神経が障害される時に起きる痛みとざれています。

坐骨神経を圧迫したり、刺激したりするものとしては椎間板ヘルニア、馬尾神経腫瘍、脊柱管狭窄症、脊椎分離症や脊椎すべり症、変形性脊椎症などの疾患が挙げられています。

坐骨神経痛の原因となる疾患でもっとも多いのは椎間板ヘルニアとされています。

病院での検査

知覚検査(皮膚の知覚神経が鈍くなっているか、過敏になっているかを調べる)、筋力検査(つま先立ちや踵立ちができるかどうか、あるいは足の指の力とお医者さんの指の力とで力比べをしたりすることで、足の指を支配している神経に障害が無いかを調べる)、腱反射を調べたり(膝の上やアキレス腱をゴム製の打腱器でたたく)、疼痛誘発テスト(下肢伸展拳上テスト:脚を伸ばした状態で上に上げる)などを行います。

病院での対応

基本的に保存療法(薬物療法、理学療法、ブロック療法など)が行われます。麻痺が急速に進んでいる場合、排泄に問題がある場合、筋力低下や歩行困難が見られる場合は手術を行う場合があります。



てらお整体院の坐骨神経痛に対する考え

椎間板ヘルニアや脊柱管の狭窄や脊椎の分離があっても坐骨神経痛にならない方もいらっしゃいますので坐骨神経が圧迫されるから痛みが出る、というのは短絡的な考えです。

坐骨神経痛の原因は、腰の筋肉、臀筋群(お尻の周りの筋肉、骨盤の横の筋肉)、太腿の裏側の筋肉などに生じたトリガーポイントによる関連痛が原因です。



これらの筋肉にトリガーポイントができてしまう原因は、
長時間の座った姿勢(デスクワーク、車の運転など)、
長年にわたる前かがみの姿勢による筋肉の疲労・攣りや
骨盤に歪みが生じたためです。

特に問題なのは腸腰筋、腰方形筋、臀筋群などにできたトリガーポイントです。

前かがみの姿勢で腸腰筋の疲労が限界に達する
→腸腰筋にトリガーポイント発生
→腸腰筋のトリガーポイントによる関連痛で腰方形筋にトリガーポイントができる→腰方形筋のトリガーポイントによる関連痛で臀筋にトリガーポイントができる
→臀筋に出来たトリガーポイントの関連痛で太腿の裏、ふくらはぎ、足先まで痛み・しびれが出る。

このような流れで坐骨神経痛が発生すると考えます。



てらお整体院ではどうするか

骨盤矯正で腰椎や骨盤周辺の関節(仙腸関節、股関節、恥骨結合など)を整えていきます。

腰椎や骨盤が整って腸腰筋・腰方形筋・臀筋群がある程度緩んだら、今度は直接、筋肉の緊張をトリガーポイント療法で解消していきます(ちょっと痛い施術になります)。



アフターケア

ある程度痛みが引いてきたら、お尻の周りの筋肉に負担のかかりにくい姿勢の取り方や、お尻の周りの筋肉に柔軟性をつける体操をお伝えしていきます。



他の腰の痛み関連ページへのリンク

腰痛
ぎっくり腰
腰部脊柱管狭窄症の痛み
腰椎分離症・すべり症の痛み
腰椎椎間関節症の痛み
腰椎椎間板症の痛み
仙腸関節性腰痛の痛み
腰椎椎間板ヘルニアの痛み
坐骨神経痛



鶴見の整体「てらお整体院」院長からのあいさつ

鶴見区の「てらお整体院」院長あいさつ「あなたが忘れかけている軽やかに動ける自分を思い出してほしい」

はじめまして。
鶴見の整体「てらお整体院」の石井 俊也です。

「骨盤を整え、筋肉を手入れすることで、今より軽やかに動けるようになる。そして日々楽しく過ごすことができる」

このことを私の生まれ育った街(横市浜鶴見区)の皆様に伝えたい、それがてらお整体院を開院した理由です。


 

推薦文をいただきました!

石井先生の施術を受けられることを心よりオススメ致します。

日本指圧学会 理事 井上寿男先生



体の仕組みを追求し、 苦痛を取り除き、癒したいという熱い想いを秘めている先生です。

医学博士 弁護士 秋山佳胤先生


 

他院との3つの違い

「あれ?これで整体なの?」と思ってしまうほど
ソフトな整体だから、誰でも安心して受けられる

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真① 首の骨を鳴らしたり、苦しい体勢にすることはありません。

「ガチャン!」「ゴトン!」「バキッ!」となるような機械・器具も用いません。バキバキ、ボキボキもしないやさしいソフトな整体なので、どなたでも安心して受けることができます。


痛くないソフトな骨盤矯正とトリガーポイント療法で
根本から不調を改善します。

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真② 骨盤に歪みがあると、腰、背中、肩、首や股関節、膝など広い範囲に影響が出てきます。

関節が硬くなると、関節周辺の筋肉が緊張してしまい、頭痛、肩こり、腰痛、膝の痛みなどを誘発します。

てらお整体院では、非常にソフトな骨盤矯正で骨盤の歪みを整えていきます。

またそっと手を添える程度のやさしい触れ方で背骨や四肢の関節を整えていきます。

このようにして関節の痛みを速やかに解消していきます。

また、近代医学では盲点になりがちな、筋肉に着目し、筋肉できた
【トリガーポイント】を解消することで、お身体の不快な症状を改善していきます。


セルフケアの方法をお伝えしているので、
良い状態を長くキープできる。

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真③ 骨盤が歪みやトリガーポイントを生んでしまう生活習慣の改善のアドバイスをしていきます。

施術後、自分でできる肩こり、腰痛等を予防する体操をお教えしています。

また動画サイトにアップしたセルフケア動画のご案内をしています。

「痛くなったらまた来てください」という考えで施術しているのではなく、当院に来ていない間も、より良い状態で過ごしていただきたい、と考えているからです。



割引特典

鶴見区の「てらお整体院」 今ならホームページ特典で初見料3,000円が無料



施術料金

鶴見区の「てらお整体院」 料金表

地図情報


電話番号 0120-01-3657
お気軽にお問い合わせ下さい。→ご予約・お問い合わせフォームはコチラ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る