HOME > TFCC損傷・小指側の手首の痛みのページ

TFCC損傷・小指側の手首の痛み

小指側の手首の痛み・TFCC損傷の痛みを改善したい方へ

こんな症状でお困りではないですか?

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)と言われ病院で処置してもらったがなかなかよくならない。

手首の小指側が痛い

手首を反らすと痛い。

手首を反らすと小指側が痛い。

手をついて立ち上がる時、手首が痛くなる。

尺骨突き上げ症候群と言われたことがある

手首の小指側の出っ張った骨のあたりが痛い 。

手首を曲げると引っかかる感じがする。

手術しかないと言われたができれば他の方法で良くなりたい。


TFCCとは

TFCCとは、Triangular Fibrocartilage Complex(三角繊維軟骨複合体)のこと。手関節尺側の三角繊維軟骨と、その周囲の尺側側腹靭帯・掌・背側の橈尺靭帯などの軟部組織を合わせた部分の呼び名です。

TFCCは手首の小指側に沿った三角形の形の部分。
遠位橈尺関節と手根骨間の安定性を保ったり、手首の外側の衝撃を吸収する役割を担っています。

どんなときに痛いか

  • 手首をどう動かすと痛いか

    手首の伸展、尺屈、回内、回外の時に痛み。
  • 手の小指側(手のひら、甲側)に痛みが出る。
  • 屈曲と橈屈はあまり痛くない

日常のどんな動作が痛いか

ドアノブを回す動作、
車のハンドル操作(手首が詰まってくるときに)
包丁で切る
物を持つ(手首が反っている状態で)
手を床、テーブルにつく(手首を反らすと)、
ペットボトルの蓋を開ける
手を振る(横のバイバイの動き)

どんな人がなりやすいか

手首に衝撃が加わわることが多い人や、手・手首・腕の反復動作が多い人がなりやすい傾向にあります。

スポーツをする人

テニス
バドミントン
卓球
ゴルフ
野球
バレーボール
ボルダリング
ボクシング
アームレスリング など手首、前腕に衝撃が加わるスポーツをやる人。

音楽家

ピアニスト
ヴァイオリニスト などの音楽家。指・手首・前腕に反復動作が多いので。

病院での処置は

保存療法

安静。痛みの出る動作をしない。
ステロイド、消炎鎮痛剤などで痛みを抑える。
サポーター、ギブスなど装具を手首につける。

手術

保存療法で改善しない場合は、手術がなされることがあるようです。

TFCC部分切除術
TFCC縫合術、再建術
関節滑膜部分切除術
尺骨突き上げ症候群の場合は尺骨短縮術
など、状態に応じて選択されるようです。ただTFCC損傷の手術をできる病院は限られているようです。


てらお整体院の考え

使い過ぎ・休養不足が原因

掌には小さな骨がたくさんありますが、これらの骨と骨の間隔(関節の遊び)が無くなってくると、手首の周辺の筋肉が硬くなってきます。

家事やお仕事、スポーツで手をたくさん使うと手首を反らす筋肉、手首を曲げる筋肉が硬くなってきます。痛い状態が長く続いているようであれば手首と肘の間の筋肉、肘と肩の間の筋肉、首・肩周辺の筋肉まで連鎖して硬くなっていることが考えられます。

骨盤・背骨の状態の悪さが影響している場合も

手はいろんな方向に動かすことができるので、他の部位の動きの悪さをカバーできてしまいます。それはそれで大切なことなのですが、度が過ぎると手首に負担がかかり過ぎて、手首を痛めてしまいます。


筋肉にできたトリガーポイントの関連痛の場合も

病院でX線写真、MRI画像で異常が見つからない。痛み止めの薬を飲んだり、湿布をしてもよくならない。そのような痛みの場合、筋肉にできたトリガーポイントの関連痛であることがあります。手首の小指側に痛みが出る例をいくつか挙げてみます。

手首の伸筋群
>

前腕部に付いている、手首を反らす筋肉を使い過ぎてコリがひどくなるとトリガーポイントができてしまいます。やがて周りに痛みを飛ばすようになります。尺側手根伸筋にできたトリガーポイントは手首の甲側の小指側に痛みを飛ばします。


トリガーポイント疼痛パターンより。×がトリガーポイントの位置。赤いところが痛みの出る領域
手首の屈筋群

前腕部に付いている、手首を内側に曲げる筋肉を使い過ぎてしまった場合。この筋肉にトリガーポイントができて周りに痛みを飛ばすようになります。尺側手根屈筋にできたトリガーポイントは手首の手のひら側の小指側に痛みを飛ばします。




上後鋸筋

手首とは遠く離れた筋肉が、手首の小指側に痛みを飛ばす場合もあります。上後鋸筋と呼ばれる筋肉にトリガーポイントができてしまった場合です。手首の小指側に痛みが出てしまう人は腕をよく使う人の場合が多いです。腕を使い過ぎることで、この背中の筋肉にも疲労がたまり、トリガーポイントができてしまった・・・このようなことが考えられます。




てらお整体院ではどうするか

手首のような身体の末端に症状が出る、ということは体幹部(背骨、骨盤)の状態が良くないと考えられます。なので骨盤や背骨の状態も整えていきます。その上で掌の骨格の調整、肘の調整などを行っていきます。

あわせて手首周辺の筋肉や背中の筋肉のコリ(トリガーポイント)をトリガーポイント療法等で解消していきます。



アフターケア

手首が楽になる方向を確認した上で、自分でできるストレッチ・体操をお教えします。



割引特典

鶴見区の「てらお整体院」 今ならホームページ特典で初見料3,000円が無料



施術料金

鶴見区の「てらお整体院」 料金表

鶴見の整体「てらお整体院」院長からのあいさつ

鶴見区の「てらお整体院」院長あいさつ「あなたが忘れかけている軽やかに動ける自分を思い出してほしい」

はじめまして。
鶴見の整体「てらお整体院」の石井 俊也です。

「骨盤を整え、筋肉を手入れすることで、今より軽やかに動けるようになる。そして日々楽しく過ごすことができる」

このことを私の生まれ育った街(横市浜鶴見区)の皆様に伝えたい、それがてらお整体院を開院した理由です。


 

推薦文をいただきました!

石井先生の施術を受けられることを心よりオススメ致します。

日本指圧学会 理事 井上寿男先生



体の仕組みを追求し、 苦痛を取り除き、癒したいという熱い想いを秘めている先生です。

医学博士 弁護士 秋山佳胤先生


 

他院との3つの違い

「あれ?これで整体なの?」と思ってしまうほど
ソフトな整体だから、誰でも安心して受けられる

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真① 首の骨を鳴らしたり、苦しい体勢にすることはありません。

「ガチャン!」「ゴトン!」「バキッ!」となるような機械・器具も用いません。バキバキ、ボキボキもしないやさしいソフトな整体なので、どなたでも安心して受けることができます。


痛くないソフトな骨盤矯正とトリガーポイント療法で
根本から不調を改善します。

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真② 骨盤に歪みがあると、腰、背中、肩、首や股関節、膝など広い範囲に影響が出てきます。

関節が硬くなると、関節周辺の筋肉が緊張してしまい、頭痛、肩こり、腰痛、膝の痛みなどを誘発します。

てらお整体院では、非常にソフトな骨盤矯正で骨盤の歪みを整えていきます。

またそっと手を添える程度のやさしい触れ方で背骨や四肢の関節を整えていきます。

このようにして関節の痛みを速やかに解消していきます。

また、近代医学では盲点になりがちな、筋肉に着目し、筋肉できた
【トリガーポイント】を解消することで、お身体の不快な症状を改善していきます。


セルフケアの方法をお伝えしているので、
良い状態を長くキープできる。

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真③ 骨盤が歪みやトリガーポイントを生んでしまう生活習慣の改善のアドバイスをしていきます。

施術後、自分でできる肩こり、腰痛等を予防する体操をお教えしています。

また動画サイトにアップしたセルフケア動画のご案内をしています。

「痛くなったらまた来てください」という考えで施術しているのではなく、当院に来ていない間も、より良い状態で過ごしていただきたい、と考えているからです。



割引特典

鶴見区の「てらお整体院」 今ならホームページ特典で初見料3,000円が無料



施術料金

鶴見区の「てらお整体院」 料金表

地図情報



電話番号 0120-01-3657
お気軽にお問い合わせ下さい。→ご予約・お問い合わせフォームはコチラ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る