HOME > 野球肘のページ

野球肘

野球肘を改善したい方へ

こんな症状でお困りではないですか?

ボールを投げると肘の内側が痛くなる
肘の内側・外側を押すと痛い
肘を曲げきれない、伸ばしきれない 
腕を内側に回したり、外側に回したりすると肘に痛みが走る

昨日、150球投げたら肘が痛くなった。明日も投げないといけない。※痛みは取っていきますが、連投を奨励しているわけではありません。


一般的に「野球肘」の原因とされていること

西洋医学的には、野球肘は痛む場所によって次のように場合分けされています。


肘の外側が痛い  上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎、変形性肘関節症

肘の内側が痛い  上腕骨内上顆炎、内上顆の剥離骨折、変形性肘関節症

肘を伸ばすところが痛い 上腕三頭筋腱炎、肘頭の剥離骨折、変形性肘関節症


あらかじめ医療機関で組織の損傷の程度を確認しておくことをお勧めします。

ここでは上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎、肘頭の剥離骨折以外の野球肘に絞って話を進めます。

病院での処置は安静を指導されたり、痛み止めの薬を処方されたり、注射を打たれたりするようです。



てらお整体院ではどう考えるか

「炎症」という言葉に引きずられてアイシングや湿布で冷やし続けると反って回復が遅くなる場合があります。

ある程度慢性化した野球肘の原因は「炎症」ではなく、筋肉にできたコリ、硬いスジ状のしこり(トリガーポイント)が痛みの原因だからです。

投げる動作を行う時は、肘関節周辺の筋肉は収縮する時と弛緩する時が交互に出てくるわけですが、使い過ぎると弛緩する方が追い付かなくなり、筋肉の線維の一部に硬いところ(トリガーポイント)ができてしまいます。

トリガーポイントが周辺の柔らかい筋肉と違った動きをするので、つっぱり感があったり、痛みを感じるようになるのです。

投球動作のやり過ぎで腕・肘の関節・筋肉を使い過ぎてしまった。

練習は休めないので休養不足により、肘周辺の筋肉(上腕二頭筋、上腕三頭筋)が十分緩むことができず、トリガーポイントができてしまった。

無理に使っているので上腕骨、橈骨、尺骨の位置関係もずれたまま・・・

こんな状況ではないでしょうか。



てらお整体院ではどうするか

実際に投げてみないと施術の本当の効果は分からないのですが、ここでボールを投げてもらう訳にもいかないので ^^;、肘の状態が良くなったかどうかを次のように判断しています。

野球肘になるような状況では腕を内側に回したり、外側に回したりしただけで肘に痛みが出てきます。なのでこの痛みが軽くなったかどうかで、肘関節が整ったかどうかを判断しています。

実際の施術の流れですが、ツラいところを施術する前に、骨盤・背骨を整えていきます。野球肘になるような方は、背骨のカーブが歪んでいたり、肩甲骨の位置がずれていたりするからです。

さらに肋骨、上腕骨、肩甲骨の位置関係を整えていきます。

次に上腕骨と尺骨・橈骨の位置関係を整えていきます(場合によっては、手首周辺の骨格の調整を行う場合もあります)。

前腕部や上腕部の筋肉、肩関節周辺の筋肉(三角筋、上腕三頭筋、上腕二頭筋など)の、投げる動作をする時に痛いところにできたトリガーポイントを解除する施術を行います。

野球肘になるような段階ですと、筋肉は硬くなり過ぎている場合が多いので施術中は多少痛み(痛気持ちいい感じ)を伴う場合があります。



アフターケア

痛み・しびれを再発しないように、原因となった身体の使い方を改めるアドバイスをいたします。

ある程度、肘の痛みが引いた段階で肘周辺を柔軟にする体操をお伝えします。


鶴見の整体「てらお整体院」院長からのあいさつ

鶴見区の「てらお整体院」院長あいさつ「あなたが忘れかけている軽やかに動ける自分を思い出してほしい」

はじめまして。
鶴見の整体「てらお整体院」の石井 俊也です。

「骨盤を整え、筋肉を手入れすることで、今より軽やかに動けるようになる。そして日々楽しく過ごすことができる」

このことを私の生まれ育った街(横市浜鶴見区)の皆様に伝えたい、それがてらお整体院を開院した理由です。


 

推薦文をいただきました!

石井先生の施術を受けられることを心よりオススメ致します。

日本指圧学会 理事 井上寿男先生



体の仕組みを追求し、 苦痛を取り除き、癒したいという熱い想いを秘めている先生です。

医学博士 弁護士 秋山佳胤先生


 

他院との3つの違い

「あれ?これで整体なの?」と思ってしまうほど
ソフトな整体だから、誰でも安心して受けられる

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真① 首の骨を鳴らしたり、苦しい体勢にすることはありません。

「ガチャン!」「ゴトン!」「バキッ!」となるような機械・器具も用いません。バキバキ、ボキボキもしないやさしいソフトな整体なので、どなたでも安心して受けることができます。


痛くないソフトな骨盤矯正とトリガーポイント療法で
根本から不調を改善します。

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真② 骨盤に歪みがあると、腰、背中、肩、首や股関節、膝など広い範囲に影響が出てきます。

関節が硬くなると、関節周辺の筋肉が緊張してしまい、頭痛、肩こり、腰痛、膝の痛みなどを誘発します。

てらお整体院では、非常にソフトな骨盤矯正で骨盤の歪みを整えていきます。

またそっと手を添える程度のやさしい触れ方で背骨や四肢の関節を整えていきます。

このようにして関節の痛みを速やかに解消していきます。

また、近代医学では盲点になりがちな、筋肉に着目し、筋肉できた
【トリガーポイント】を解消することで、お身体の不快な症状を改善していきます。


セルフケアの方法をお伝えしているので、
良い状態を長くキープできる。

ポイント説明画像 鶴見区の「てらお整体院」院長施術写真③ 骨盤が歪みやトリガーポイントを生んでしまう生活習慣の改善のアドバイスをしていきます。

施術後、自分でできる肩こり、腰痛等を予防する体操をお教えしています。

また動画サイトにアップしたセルフケア動画のご案内をしています。

「痛くなったらまた来てください」という考えで施術しているのではなく、当院に来ていない間も、より良い状態で過ごしていただきたい、と考えているからです。



割引特典

鶴見区の「てらお整体院」 今ならホームページ特典で初見料3,000円が無料



施術料金

鶴見区の「てらお整体院」 料金表

地図情報



追伸その1

運動のし過ぎ、がんばり過ぎは身体を壊します。
適度に休養を取って痛みの無い状況でやった方が良い成績が残せるでしょう。

追伸その2

施術直後は良かったけど投げているうちにまた痛くなった、という場合は他の部位に問題がある場合が考えられます。全身を柔軟に使えず「手投げ」になっていて肘に負担がかかっている、という場合です。

そのような場合は、滞っている部分を調整していった方が、後々故障が少なくなるでしょう。



電話番号 0120-01-3657
お気軽にお問い合わせ下さい。→ご予約・お問い合わせフォームはコチラ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る