2017 4月 01


出産後から腰痛で悩んでいます。椅子と床に座るのとどちらが腰によいですか?

2017/4/1

出産後から腰痛でお悩みの30代の主婦の方から

「座るのは椅子に座るのがいいの?床に座るのがいいの?」

というご質問をいただきました。

 


どちらがいいでしょうか?

 

 

 

●そもそも腰痛になってしまう原因は

家事(炊事、洗濯、お掃除)、子育て、

デスクワーク、パソコン作業、ソファに座る

などの日常よくある姿勢・動作・作業において

・長時間前かがみの姿勢を続けること

・前かがみになる回数が多いこと

なのです。


●前かがみの姿勢の特徴は

・背中が丸まっていること

・骨盤が後ろに倒れていること(後傾している)

にあります。

前かがみの状態を維持するために、

背骨周りの筋肉が使われます。

背骨を支えるのに

骨盤周りの筋肉が使われます。

 

●前かがみの姿勢は

背骨周りの筋肉や骨盤周りの筋肉を

酷使することになるので

腰痛になってしまうのです。

 

●じゃ、椅子やソファにふんぞり返って座ればいいの?

それも腰を痛めます。

背もたれにふんぞり返って座っている時は、

前かがみにはなっていませんが、

腰は丸くなっています。

 

なので長時間、椅子やソファに座っていると腰を痛めます。

 


●じゃ、「良し姿勢」でいれば腰痛にならないのか?

では、前かがみにならないで座ったり、

ふんぞり返らないで座っていたり、

良い姿勢でいれば腰痛にならないのか?

というと、そうとも限りません。

 

今度は”良い姿勢”を維持する筋肉が酷使され、

その筋肉が原因で腰痛が起きる場合があるからです。

「特定の筋肉を使い続けない」というのが腰痛に限らず、痛み予防には大切なことです。


※余談ですが・・・
「特定の筋肉を使い続けない」という観点からすると、スポーツは、身体に良くないですね (>_<)
やり終えた後、ちゃんと身体のケアをしておけば問題は起きにくいですが。

 

●けっきょく、どうなの?

「座るのは椅子に座るのがいいの?床に座るのがいいの?」

というご質問に対する答えは

腰が丸くならないように座るのであれば

椅子でも、床に座るのでも”どちらでもいい”

となります。


ただし、長時間の同じ姿勢を続けない、という条件付きで。

 

●腰痛と座り方に関する他の記事

以下の記事もご参考になさってください。


腰痛になってしまう椅子の座り方
 


腰痛になりやすい座り方(床に座った場合)
 

 

正しい姿勢で椅子に座ることで腰痛を予防しましょう

 


 

PageTop