首の痛み


嚥下障害に対応する施術を学んできました

2016/2/8

6,7日はお休みし、吉田邦夫先生のセミナーに参加してきました。

 

BRM (1)

 

テーマは「舌骨」。

 

舌骨って何?と思った方もおられると思います。

 

咽喉の上の方にある小さな骨です。

 

甲状軟骨、輪状軟骨、披裂軟骨などと連携して働いて

呼吸したり、食べ物を飲み込んだり、声を出したりする時に重要な役割を果たします。

 

 

これらの骨・軟骨の位置関係が崩れると、モノを飲み込みにくくなったり(嚥下障害)、声が出にくくなったりします。

 

位置関係が崩れる原因は、

咽喉にモノがぶつかったり、

検査や手術の時に管をいれたりするときに、誤って軟骨にぶつかってしまったり

頭の位置が前に出過ぎたり、猫背になっていたりと姿勢の悪くなっていたりする

ことです。

 

肩こり・腰痛を扱う整体院は多いと思いますが、舌骨まわりを整えられるところは少ないと思います。

のど周辺のトラブルでお困りの方は、お電話下さいネ (^_^) 

 

 

※ 吉田邦夫先生のセミナーの修了証をいただきました (^_^)

BRM (2)

そっとふれるだけの整体ですので侵襲度がとても低いです (^_^)

グイグイギューギュー押されるのがダメな方におすすめな施術方法です。

 

 


 

PageTop