筋筋膜性疼痛を扱う整形外科について調べてみました

筋筋膜性疼痛を扱う整形外科を調べてみました。

 

「K点症候群」という考え方で対処をしている整形外科

銀座整形外科

「全身の大小様々な筋肉の緊張に着目した全く新しい概念の対処方法」が特徴とのことです。

新世代の超音波診断装置を使用して、筋肉の緊張状態を定量化し、注射や手技によって筋緊張をゆるめることで、
疼痛やしびれ等を緩和させていくそうです。

腰痛をはじめ、肩こり、五十肩、ひざ痛、手足のしびれ、疼痛に至るまであらゆる痛みの原因として各所大小筋肉の緊張亢進が関わっている

ことを認めている点が他の整形外科と異なるところですね。

 

整形外科やましな医院

肩こり・腰痛など原因のはっきりしないものに対しては

当院としては、原因がはっきりしないものの多くは筋肉・筋膜や関節のバランス異常と考え

て対処しているとのこと。筋肉・筋膜・関節の問題と考えている点が一般の整形外科と異なる点ですね。

 

北見北斗病院 整形外科

ホームページから引用させていただきますと

運動器の非特異性の痛みに対するK点ブロックとは
 K点ブロックとは、国分正一先生(東北大学名誉教授、国立病院機構西多賀病院脊椎脊髄疾患研究センター長)が開発された

方法とのこと。

 

首のこり、むち打ち、腰の痛みなどの非特異性(原因がわからない痛みなど)の痛みやしびれに苦しまれている方に効果があります。

運動器の痛み
原因不明(非特異的)とされている痛みはほとんどが筋肉からのものである。その系統的診察法が広まるまでは
脊椎・関節・神経や心の異常が原因と誤診されやすい。手術されてしまうことすらある。

このように、原因不明の痛みのほどんどが筋肉が原因と考えているところが、世間一般の整形外科と異なる点です。

 

まとめ

整形外科で対処してもらいたいけど、痛み止め・湿布だけだったら・・・と思っている方は、このような筋筋膜性疼痛、K点ブロックという考えで処置してくれている整形外科を探して受診されてはいかがでしょうか。


 

PageTop