顎関節症の痛みはどれくらいで楽になるのか(症例集)

横浜市鶴見区の顎の痛み専門整体「てらお整体院」 いしいです。

顎関節症、顎の痛み等でご来院された方に対する施術の記録を綴っていきます。

 

症例 10年前からの顎の痛み

施術依頼人

女性 66歳 

初回来院

2016年8月

症状

10年前から顎の痛みで悩まされている。

仕事上のストレスのためか、5日前から激しい痛みがある。

痛くて会話ができないほど。くしゃみした時やあくびした時も痛い。

痛みに耐えて食事をするが、食後に猛烈に顎が痛くなる。

夜は痛みで眠れない。痛み止め(ボルタレン)を飲んで寝ている。

パソコン作業も多いためか、肩こりもひどい。

仕事の関係上、今年のうちに良くなりたい、

という状況でのご来院。

飲んでる薬

ボルタレン

施術の内容と経過

初回

身体の状態
  • 筋肉の緊張 両側の咬筋、僧帽筋
  • 姿勢 やや猫背気味
  • 歪み 骨盤の高さの左右差が見られた
施術
  • 骨盤・背骨の配列を整える調整を行った。
  • 胸郭の位置の調整を行った。
  • 頭蓋骨の調整を行った。
施術後

痛みで小さくなっていた眼がパッチリ大きくなっていた。目の白さも増した。

「痛くない」と声に出して話していた。

2回目(前回から3日後)

身体の状態 施術前
  • 顎はズキズキ痛むようだけど、前回よりおしゃべりできるようになっていた。
施術
  • 前回同様、骨盤・背骨、胸郭、頭蓋骨の調整を行った。
  • 咬筋をアスター法で弛めた。
施術後

まだ痛みは残っているようだが、表情が明るくなった。施術前よりもおしゃべりするようになった。

同時に施術した症状

肩こり

考察

「やり遂げたいことがある、でも痛みで集中できない・・・」

というお悩みでしたので、週2回ペースで改善していきましょう、と提案した。

顎の周りの筋肉は確かに硬いが、このペースでいけば年内には改善できる、と思っている。

 

症例 モノを噛んだ後から顎に違和感が出た

施術依頼人

女性 54歳 

初回来院

2016年8月

症状

5月頃、食事中、モノを噛んでいる時に顎関節に違和感を感じた。その時は痛みが無かった。

最近、顎からこめかみにかけてズーンと鈍痛を感じる。

左顎にすれるような音がする。

そのような状況でのご来院。

 

飲んでる薬

無し

 

施術の内容と経過

初回、骨盤の調整、背骨の配列の調整、胸郭の調整、頭蓋骨の調整を行った。2回目、3回目も同様。

2回目、ご来院時、左側の顎のズーンとした鈍痛の頻度が下がったとおっしゃっていた。音はまだ気になるとのこと。

3回目、「感じが変わってきた」とのこと。「ずれる感じが減った。顎の「ズーン」とした鈍痛も減ってきた。代わりに首の後ろが「重い痛い」感じがしてきた。」とおっしゃっていた。

 

同時に施術した症状

首こり、肩こり

考察

お仕事で下を向く時間が長いご様子。そのため頭の位置が変化し、顎周辺の筋肉や首・肩の筋肉に負担をかけているのだろう。

そのため顎の不調、首こり、肩こりに悩まされているのだろう。

 

 

症例 2年前、顎の手術をして以来、顎が凝る

施術依頼人

23歳 女性 会社員(事務職)  

初回来院

2016年7月

症状

主な悩み: 2年前、反対咬合を改善するため顎の手術をした。それ以来、顎が引っかかる感じがしたり、凝ったりする。痛みは無い。

他の不調:首こり、肩こりがある   

という状況でのご来院。

 

飲んでる薬

無し

施術の内容と経過

初回

お身体の状況

立位で観察すると 姿勢は悪くない。咬筋に圧痛が見られる。

仰臥位で観察すると 骨盤ASISの位置の左右差が見られる という状況。

施術としては骨盤、背骨、頭蓋骨の調整を行った。 咬筋や後頚筋群、胸鎖乳突筋を弛める施術を行った。

 

2回目(前回から7日後)

施術後から一昨日くらいまでひっかかりが減った。 昨日くらいからひっかかりが戻ってきた。

とのこと。

施術としては骨盤、背骨、頭蓋骨の調整を行った。

 

3回目(前回から8日後)

顎は軽くなっている。ひっかかりはたまにしか起きない。 

とのこと。

施術としては前回同様、骨盤、背骨、頭蓋骨の調整を行った。

 

4回目(前回から1ヶ月後)

顎はもう問題ない。肩がこっているくらい。

とのこと。

施術としては、骨盤、背骨、頭蓋骨の調整を行った。 咬筋や後頚筋群、胸鎖乳突筋を弛める施術を行った。

 

ご来院時のお悩みであった顎のこり、ひっかかりが痛みが軽くなったと判断したので、今回で施術を終了した。

 

同時に施術した症状

肩こり、指のこり

考察

やはり若い人は回復が早い (^_^)

(身体の使い方のクセ、姿勢のクセがまだそんなにないせいか)

状況にもよると思いますが、顎の手術後の違和感、こり、痛みでお悩みの方でお悩みの方、整体も選択肢に入れてみて下さい (^_^)

 

症例 口を開けると左顎がズキズキ痛む

施術依頼人

19歳 女性 事務職

 

初回来院

2016年5月  

症状

食事をする時やあくびをする時、歯磨きする時になど口を開けると左顎がズキズキ痛む。 噛む時も少し痛い。口を閉じていれば痛くない。 痛いと食事が楽しめないので、早くおいしく食べられるようになりたい。

ということでご来院。  さらにお聞きすると

半年ほど前から顎かカクカクする感じがあった。来院1週間ほど前の夜、ちょっと顎が痛かった。翌朝、口が開けられなくなった。

歯の矯正の経験は無い。

とのこと。

飲んでる薬

特に無し  

 

施術の内容と経過

咬筋の左側の緊張が強い。身体の左側の緊張が強い。 首こり、肩こりも感じていらっしゃる様子。

施術としては骨盤、背骨の調整、胸鎖乳突筋・後頚筋群の調整、頭蓋骨の調整、咬筋を弛める手技 を行った。

 

2回目(前回から5日後)

前回の施術から2回目までの様子をお聞きしたところ

口を開け難さは減った。痛みはまだあるが、前よりは楽になっている。 食事中の痛みは気にならなくなった。あくびをする時は痛みが出る。

 

とのこと。今回の施術としては 骨盤、背骨の調整、胸鎖乳突筋・後頚筋群の調整、頭蓋骨の調整を行った。

 

3回目(前回から11日後)

前回から今回までの身体の変化をお聞きしたところ、

痛みはさほど感じなくなった。食事をしても、あくびをしても痛くなくなった。

とのこと。

施術としては 骨盤、背骨の調整、胸鎖乳突筋・後頚筋群の調整、頭蓋骨の調整を行った。

食事中の痛みが無くなったたので今回で施術を終了することにした(初回ご来院から約2週間)。

(姿勢がさほど悪くないこと、大きなストレスを抱えていないことなど、”ぶり返し要因”が無いことも加味しての判断)

 

同時に施術した症状

肩こり、首こり

考察

若い人は回復が早いなぁ、 と改めて実感した一件でした  (^_^)  

 

症例 モノを噛む動作がぎこちなく、噛みにくい

施術依頼人

67歳 女性

 

初回来院

2016年4月  

 

症状

左顎に痛みがあり、モノを噛む動作がぎこちなく、噛みにくい。食べるのが苦痛。 今の食べる姿はみっともないので友達とのランチを断らざるをえない。普通の食生活を送りたい

というご希望。

さらにお聞きすると

以前にも顎の調子が悪くなったことがあり、その時は口腔外科で教わったマッサージでよくなった。

来院1週間ほど前、固めのフランス菓子を食べた。 その翌日、食事の時に口を開けると顎の左側に違和感や痛みを感じるようになった。

右で噛んでも左も一緒に動くので痛い。今度はマッサージしても楽にならない。

そのような状況でのご来院。

 

飲んでる薬

この痛みに関するものは特に無し  

 

施術の内容と経過

痛みやストレスで目がドヨーンとしている。表情が曇っている。 顎に力が入りやすいようで、歯のすり減りが大きい。 咬筋の緊張は左が強い。後頚筋群の緊張も強い。

ご自宅が外装工事中で周りが覆われ、工事関係者の方への対応もあり、それもかなりなストレスなご様子。

施術としては 骨盤、背骨の調整、肩甲骨の位置の調整、胸鎖乳突筋・後頚筋群の調整、頭蓋骨の調整 を行った。

 

2回目(前回から4日後)

口を開ける時のぎこちなさ、違和感は続いている、 小さく開ける分には大丈夫だが、大きく開けると痛くなりそうなので開けていない、とのこと。

施術としては前回同様、 骨盤、背骨の調整、肩甲骨の位置の調整、胸鎖乳突筋・後頚筋群の調整、頭蓋骨の調整 を行った。

 

3回目(前回から3日後)

口を開ける時のぎこちなさ、違和感は続いているとのこと。

施術としては前回同様、 骨盤、背骨の調整、肩甲骨の位置の調整、胸鎖乳突筋・後頚筋群の調整、頭蓋骨の調整 を行った。

4回目(前回から5日後)

噛みにくさ、ぎこちなさは続いている。 家の外装工事の進捗が思わしくないくストレスが大きいようだ。

施術としては前回同様、 骨盤、背骨の調整、肩甲骨の位置の調整、胸鎖乳突筋・後頚筋群の調整、頭蓋骨の調整 を行った。

5回目(前回から3日後)

噛みにくさ、ぎこちなさは続いている。 施術は、骨盤、背骨の調整、胸鎖乳突筋、後頚筋群の調整、頭蓋骨の調整とストレス対策のため、内臓の調整を行った。 蝶形骨の位置の調整を丁寧に行った。

6回目(前回から8日後)

朝はまだつらい、とのこと。 施術は骨盤、背骨の調整、胸鎖乳突筋、後頚筋群の調整、頭蓋骨の調整を行った。

7回目(前回から9日後)

前回から今回までの間に家の改築工事が終わったそうだ。

身体の変化としては ・食べるのが苦痛でなくなってきた、朝の辛さも無くなった  (ただし、硬いものは食べていないよう気をつけている) とのこと。 施術は骨盤、背骨の調整、胸鎖乳突筋、後頚筋群の調整、頭蓋骨の調整を行った。

家の改築工事が終わり大きなストレス要因が無くなったこと、目の輝きが増し、表情がイキイキとしてきたので 今回で施術を終了することにした(初回ご来院から約1か月)。

 

同時に施術した症状

無し  

考察

6回目と7回目の間で急激な回復が見られた。ストレスであった家の改築工事が終わったためであろう。 ストレスで治癒力が大きく制限されることを目の当たりにさせていただいた施術例であった。  

 

 

症例 右の顎関節が”カクッ”と音が鳴る

施術依頼人

47歳 女性 事務職  

初回来院

2016年2月

 

症状

3,4年前に歯科矯正をした。それからしばらくしてから口を開ける時、右の顎関節が”カクッ”と音が鳴るようになった。 ”カクッ”と言わないと口が開かない状況。痛みの自覚は無し。

という状況でのご来院。

口を大きく開けて美味しいものを食べたい 、

というご希望がおあり。

 

飲んでる薬

特に無し

 

施術の内容と経過

腸骨筋の両側、胸椎の右側に緊張が見られる。

左側の頬の骨がやや後ろ方向に変異している。

開ける時の顎の動きを見ると

一度右にずれて 【ガッ】    

    左に戻る 【クン】

こんな感じであった。

施術としては骨盤、背骨の調整を行い、頭蓋骨の調整を行った。

頭蓋骨調整の中でも蝶形骨の変位を戻す施術を注意深く行った。

施術後、開口時の音鳴りが小さくなった。

 

2回目(前回から4日後)

前回からの身体の状態をお聞きしたところ、

音が小さくなった。鳴らない時もある。身体が軽くなった。

とのこと。

施術としては前回同様、骨盤、背骨の調整を行った後、頭蓋骨の調整を行った。

 

3回目(前回から3日後)

前回からの身体の状態をお聞きしたところ、

カクカク言うけど顎の動きが軽くなった。

音が鳴らない時もある。身体が軽くなった気がする。

とのこと。

施術としては前回同様、骨盤、背骨の調整を行った後、頭蓋骨の調整を行った。

 

4回目(前回から5日後)

前回からの身体の状態をお聞きしたところ、 緊張した後だと大きな音がする時がある。

差し歯の当たる位置が変わってきた。

とのこと。

差し歯の話は初耳。  口を閉じる時、差し歯が干渉しないように顎をずらして閉じる癖があるとのこと・・・(汗)

施術としては前回同様、骨盤、背骨の調整を行った後、頭蓋骨の調整を行った。

 

音が気にならなくなってきたので、本人の希望もあり、今回で施術を終了することにした(初回ご来院から約2週間)。

 

同時に施術した症状

肩こり、首こり、腰痛

 

考察

「口を閉じる時、差し歯が干渉しないように顎をずらして閉じる癖」があると早く気付くべきでした。

この癖があるならあと1ヵ月間くらいは推移を見守りたかった、というのが正直なところです。

コミュニケーションをしっかり取らないといけないな、と思いました。

 

 

症例 仮歯をつけた頃から顎が痛くなりだした

施術依頼人

52歳 主婦  

初回来院

2015年11月

症状

半年前から左の下顎のあたりが重い。インプラントを入れてある。

左顎から後頭部にかけてと鼻骨あたりが常に痛い。

朝から夜にかけてどんどんひどくなることが多い。

*****履歴****

15年くらい前にブリッジを入れた。

10年以上前に顎が開かなくなったことがあり、その時は歯医者さんに行き、マウスピースで対処した。

別の歯医者さんではマウスピースは筋肉のトラブルには効くけど、関節のトラブルには効かないと言われた。

歯医者さんは3、4回変えている。

歯槽膿漏の手術をしたことがある。

違和感なく過ごしていたが、ある歯医者さんで「ブリッジの土台が悪くなった」と言われ、 2015年4月にインプラントを左側に入れた。

インプラントを入れるためのいくつかの段階のうち、仮歯をつけた頃から痛くなりだした。

歯医者さん曰く、インプラント自体は成功している、と言われた。実際噛んでも違和感がなかった。

だが、顎はおかしくなり始め、後頭部の頭痛も出ている。この1ヶ月は鼻骨あたりも痛い。

右側で噛む癖がある。頬の厚みが左右で異なっている。

歯ぎしりしている。マウスピースをしているが朝、顎が痛くなっている。

という状況でのご来院。

 

今は顎が重いのでやる気が起きないので、家事を思い切りできるようになりたい。

というご希望。

飲んでる薬

コレステロールの薬

施術の内容と経過

初回

左右の骨盤の高さに差がみられた。 仰向けに寝てもらうと頭が左に傾いていた。

左側の胸鎖乳突筋や咬筋に硬さがみられた。

施術としては骨盤、背骨の調整を行った。 僧帽筋や胸鎖乳突筋や咬筋を弛める施術を行った。

2回目(前回から13日後)

左顎の後ろから耳にかけて重さが残っているが、後頭部の重さは軽くなった。

前回施術後、3-4日後から頭痛が出たがその後、下顎の不快感が減った。

とのこと。

施術としては骨盤、背骨の調整を行った。 僧帽筋や胸鎖乳突筋や後頚筋群、咬筋を弛める施術を行った。

3回目(前回から15日後)

頭が軽くなった。顎も80%良くなった感じ。便秘が良くなっている。 右の耳の後ろに痛みを感じるようになった。

とのこと。

施術としては前回同様、骨盤、背骨の調整を行った。 僧帽筋や胸鎖乳突筋や後頚筋群、咬筋を弛める施術を行った。

4回目(前回から13日後)

首や後頭部が前より楽になった。 右の耳の後ろに痛みはまだ感じる。

とのこと。

施術としては前回同様、骨盤、背骨の調整を行った。 頭蓋骨の調整を特に蝶形骨の位置に注意して行った。

 

右耳の後ろの痛みがまだあるが、初めの痛みが楽になってきたので、 本人の希望もあり、今回で施術を終了することにした(初回ご来院から約1ヶ月)。

 

同時に施術した症状

首こり、肩こり

 

考察

ブリッジ、歯槽膿漏の手術、インプラント手術、マウスピースなど口、顎をいじられることが多かったため、顎や首肩の筋肉が緊張し、今回のトラブルにつながったのではないか、と考えています。

こういった痛みは、筋肉の緊張を解けば楽になるので、同じようなお悩みの方は安心してほしいと思います (^_^)v

 

症例 1ヶ月前から右顎が痛い

 

施術依頼人

59歳 男性 会社役員  

初回来院

2015年8月

症状

主な悩み 1ヶ月前から右顎が痛い。違和感はそれより前からある。 噛む時に痛みが出る。朝、顎の動きが悪い。口を大きく開けると痛い。 という状況でのご来院。

飲んでる薬

無し

施術の内容と経過

初回

お身体の状況 身体の全般的に力が入っている。聞くと

顎だけでなく足指にもグッと力を入れている、歯と歯が重なり合っている、

とのこと。

左右の骨盤の高さに差がみられた。 腸骨筋、僧帽筋、咬筋等に硬さがみられた。 開口時、顎が左にずれていく。

施術としては骨盤、背骨の調整を行った。 僧帽筋や胸鎖乳突筋や咬筋や咽喉の前面の筋肉を弛める施術を行った。

 

2回目(前回から3日後)

前回からの身体の変化としては

だいぶいい。

痛みを忘れるくらい。

口は普通に開けられる 。」

朝は少し痛みがある。 あくびしても痛くない 。

良く眠れた。

とのこと。

施術としては、骨盤、背骨、頭蓋骨の調整を行った。 さらに僧帽筋や胸鎖乳突筋や咬筋や咽喉の前面の筋肉を弛める施術を行った。

 

痛みが軽くなったということなので、今回で施術を終了した。

 

同時に施術した症状

特に無し

 

考察

お仕事の立場上、いろいろストレスがあり、それが顎や首肩の筋肉の過緊張につながり、顎に痛みが出たのだろうと推測しています。

痛みを放置せず、早めに施術を受けにきたことが早期の解決につながったのだと考えています。

 

症例 1ヶ月前から右顎が痛い

施術依頼人

17歳 男子高校生  

初回来院

2015年7月

症状

主な悩み 一週間前から左顎が痛い。歪んでいる感じもする。

今日は左側が痛いが、昨日は右側が痛かった。 何をすると痛いというわけではなく、ずっと痛い。 横になっていると楽になる。

右肩に違和感がある。腰も痛い。

という状況でのご来院。

飲んでる薬

無し

施術の内容と経過

初回

お身体の状況

立位で観察すると 頭は左側に傾いている(左側が下がり、右側が上がっている)。

肩は左肩が上がり、右側が下がっている。

骨盤は左側が上がっている。

という少し歪んだ状況。 腸骨筋、咬筋等に硬さがみられた。

施術としては骨盤、背骨の調整を行った。 僧帽筋、胸鎖乳突筋、咬筋や咽喉の前面の筋肉を弛める施術を行った。

 

2回目(前回から4日後)

前回からの身体の変化としては 左と右とで感覚が異なる 左の歯と歯の間が右に比べて広い感じがする。 右肩はモヤッとする とのこと。 夏バテ気味のようだったので施術は行わず、この日がチェックのみで終了。

 

3回目(前回から3日後)

痛くないけど違和感がある。 食べている時は普通 顎を動かしていない時、左側が右より開いている気がする

とのこと。 立位での骨盤、肩甲骨の位置に左右差が見られる。 仰向けになった時の骨盤の左右差もまだある。

施術としては前回同様、骨盤・背骨の調整を行った。 僧帽筋、胸鎖乳突筋、咬筋や咽喉の前面の筋肉を弛める施術を行った。

 

4回目(前回から3日後)

顎の違和感あり。 右腕の違和感や腰の痛みは減ってきた。

立位での骨盤の左右差はまだ見られる。 仰向けになった時の骨盤の左右差は無くなった。

施術としては、骨盤、背骨、頭蓋骨の調整を行った。 さらに僧帽筋や胸鎖乳突筋や咬筋や咽喉の前面の筋肉を弛める施術を行った。

 

5回目(前回から5日後)

朝から右の顎が痛い。 昨日から首が痛い。今日も痛い。動かさなくても痛い。

とのこと。

生活習慣を聞くと 昨日は勉強4時間、スマホ1時間ほどやったそうだ。 腹筋のトレーニングをしているとのこと。やり方を聞いてみると、首に負担のかかるやり方で行っていた。

施術としては前回同様の施術を行った。 首に負担のかからない、腹筋トレーニングのやり方をお伝えした。

 

6回目(前回から11日後)

肩は気にならなくなった。 右顎に違和感がある。

とのこと。

施術としては、骨盤、背骨、頭蓋骨の調整を行った。 特に蝶形骨、側頭骨の調整を注意深く行った。

 

7回目(前回から7日後)

右顎が痛い。 前日に口腔外科に行ってみた。痛み止めの薬をもらった。まだ飲んでいない。

とのこと。

施術としては、骨盤、背骨、頭蓋骨の調整を行った。 アスター法で顎周りの筋肉の調整を行った。 顎周りの筋肉が固まってしまう原因として、「ふだんしゃべらない」ことが考えられる。 口を動かすために「本を声に出して読んでみて」とお伝えした。

 

7回目(前回から7日後)

不快感は減ってきた。 口を動かすようにしている。

とのこと。

施術としては、前回同様、骨盤、背骨、頭蓋骨の調整を行い、アスター法で顎周りの筋肉の調整を行った。

 

8回目(前回から6日後)

調子よい。

とのこと。

顎の位置は多少左右差があるが、痛みは減ってきている模様。

施術としては、前回同様、骨盤、背骨、頭蓋骨の調整を行い、アスター法で顎周りの筋肉の調整を行った。

 

9回目(前回から14日後)

調子よい。 歪んでいる感じがしない

とのこと。

施術者の観察 立位での骨盤の高さの左右差は無い。 仰向けに寝た時の骨盤の位置の左右差も無い。 施術者から見てもかなりいい感じになってきた。

施術としては、前回同様、骨盤、背骨、頭蓋骨の調整を行い、アスター法で顎周りの筋肉の調整を行った。

本人が痛みが軽くなったということ、施術者側も問題無し(歪みや過緊張が無い状況になった)と判断したので、今回で施術を終了した。

 

 

同時に施術した症状

右腕の違和感、腰痛

考察

顎に力が入ってしまう意外な原因として、 筋トレ(喰いしばったりしますからネ)、 無口(顎周辺がじっとしていることになりますからネ) があります。気を付けてくださいネ。 痛みだけが無くなった時点ではなく、痛みと歪みが無くなった時点で施術を終了すると健康状態をより安定化できると思います。

症例 右顎にボールが直撃してから顎に違和感

施術依頼人

12歳 男子中学生  

初回来院

2015年7月

症状

主な悩み

両顎から耳の奥にかけて痛みがある。 左の顎はモノをグッと噛むと痛くなる。 右側は何かの拍子に痛くなることがある。

ズキズキ、キーンという感じ。

小学校5年生の時に軟式のA級ボールが右顎を直撃したことがあり、その時から顎が時々痛くなる。

会話した後、モノを噛む時、トロンボーンを吹いた後に痛くなる。

何もしていない時は痛くない。

という状況でのご来院。

 

飲んでる薬

無し

 

施術の内容と経過

初回

身体の状況:左右の骨盤の高さに差がみられた。 咬筋に硬さがみられた。

施術としては骨盤、背骨、頭蓋骨の調整を行った。 また僧帽筋や胸鎖乳突筋や咬筋や咽喉の前面の筋肉を弛める施術を行った。

 

2回目(前回から10日後)

前回からの身体の変化としては

顎がコリコリしなくなった、 会話の時の痛みも出なくなった。 朝起きた時はまだ痛い。 耳奥の痛みは一度だけあった。

骨盤の位置の左右差が無くなっていた。

施術としては前回同様の施術を行った。

痛みが軽くなったということなので、今回で施術を終了した。

 

同時に施術した症状

特に無し

考察

筋肉も柔軟で、身体に変な癖がついていないので回復が早い、と思いました。 

 

症例 前触れもなく、顎がカクッとなった

施術依頼人

23歳 女性 接客業  

初回来院

2015年6月

症状

主な悩み :顎に重い痛みがある。口が開けにくいのでしゃべりずらい。

履歴:

6-7年前に何の前触れもなく、顎がカクッとなった。 口腔外科に行き、マウスピースを作ってもらった。マウスピースをしていた時期もあったが1年くらいでしなくなった。

口が開けにくい状況は5.6年前から続いている。

口が開けにくいのでしゃべりずらい。周りの人は自分の話を聞き取りずらいのではないかと思っている。

最近、痛くなってきたので、整体を受けてみようと思った。

という状況でのご来院。

 

生活習慣としては

  • これまで噛むことをあまりしてこなかった
  • 飲み込み癖がある。
  • 顎をあまり使ってこなかった

とのこと。

 

飲んでる薬

無し

施術の内容と経過

お身体の状況 左右の骨盤の高さに差がみられた。

咬筋に硬さがみられた。

施術としては骨盤、背骨の調整を行った。

僧帽筋や胸鎖乳突筋や咬筋や咽喉の前面の筋肉を弛める施術を行った。

 

施術後、痛みが引き、しゃべりやすくなったということなので、ひとまず今回で施術を終了。

 

同時に施術した症状

首こり、肩こり

考察

痛みを避けるための変な癖が無かったことが早く良くなった理由ではないかと考えています。

 

 

ご予約・お問い合わせは

 0120-01-3657 

鶴見で唯一の「痛み・しびれ専門」整体院

 「てらお整体院」

受付時間

 平日 9:30~19:00、

 土日 9:30~16:00

休業日:不定休(詳しくはお問い合わせ下さい)

鶴見区の整体「てら お整体院」TOPページ 

初めての方へ  みなさまの声・評判 

コースと料金  アクセス 

よくあるご質問   

お問い合わせ・ご予約

Tags: ,


 

PageTop