口を開ける時、顎がガクガクする原因と対処法 

横浜市鶴見区の顎関節専門整体 てらお整体院 いしいです。

今回は、

口を開ける時、顎がガクガクする原因と対処法

についてお伝えします。

 

口を開ける時、当然のことながら下顎が下に下がります。

この時、舌の位置はどうなっていますか?

 

普通は舌先が下の歯の根っこのちょっと下のあたりにあると思います。

舌は脱力していて、下顎が下に下がるのと一緒に、舌も下に下がっていきます (下、舌くどくてスイマセン ^^;)

 

ところが・・・

顎関節症で、口を開ける時顎がガクガクする人は舌の位置が、宙ぶらりんになっていることが多いです。

下顎が下がっても、それに追随せずに下顎と上顎の間に、巻き舌的になって浮いています。

おそらく舌に力が入っているでしょう。

舌に力が入っているので下顎やのどの周りの筋肉がうまく使えなくなり、口の開閉がうまくいかなくなるのです。

 

これが口を開ける時、顎がガクガクする原因のひとつです。

人によっては口を開ける時、舌先が右に捩れて行ったり、左に捩れて行ったりします。

(顎先も右にずれていったり、左ずれて行ったりします)

 

なので口を開ける時、顎がガクガクする人は、

口を開ける時、自分の舌の位置がどうなっているか確認してみましょう。

 

口の中で浮いていたら・・・

それは負担のかかる使い方ではないので、歯の付けののちょっと下あたりに舌先が来るように習慣づけましょう。

 

ご予約・お問い合わせは

 0120-01-3657 

鶴見で唯一の「痛み・しびれ専門」整体院

 「てらお整体院」

受付時間

 平日 9:30~19:00、

 土日 9:30~16:00

休業日:不定休(詳しくはお問い合わせ下さい)

鶴見区の整体「てら お整体院」TOPページ 

初めての方へ  みなさまの声・評判 

コースと料金  アクセス 

よくあるご質問   

お問い合わせ・ご予約



 

PageTop