顎が引っかかって口が開けにくい時の対処法

横浜市鶴見区の顎関節専門整体 てらお整体院 いしいです。

 

今回は「顎が引っかかって口が開けにくい時の対処法」についてお伝えします。

 

顎が引っかかって口が開けにくい方の中には開け閉めの際に、舌先が右(または左)に動いている方が見受けられます。

ご本人に確認すると
「顎が鳴ったり、顎の引っ掛かったりするのを減らすためにやっている」とおっしゃいます・・・(・_・;)

 

良かれと思ってやっていることでも裏目に出ることはよくあります (>_<)

 

顎の引っ掛かりを減らすために舌を右側にずらそうとする、その動きで内側翼突筋という顎を左右に動かす筋肉が過剰に使われ、そのため口を開ける時に右側に顎が引っ張られ、引っかかり感が出てきてしまうのです。

 

引っかかりなく口を開けるためには、舌が正面の位置に来るようにして口を開け閉めするようにしましょう。


たったこれだけのことですが、顎関節症で顎の引っかかりでお悩みの方は、あれこれ気になることが多くて、こういったことも忘れがちなのです。


舌が正面の位置に来るようにして口を開け閉めしてもまだ引っかかり感がする、という方は頭の骨や顎の骨がまだ整いきれていないことが考えられます。
当院の顎関節の調整を受けて引っかかり感の無い顎を取り戻しましょう (^o^)

あなたからのお電話を心よりお待ちしております (^_^)

 

************************

ご 予約・お問い合わせは

 0120-01-3657 

鶴見で唯一の「痛み・しびれ専門」整体院

 「てらお整体院」

受付時間

 平日 9:30~19:00、土日 9:30~16:00

休業日:不定休(詳しくはお問い合わせ下さい)

************************************************

鶴見区の整体「てらお整体院」TOPページ 

初めての方へ  みなさまの声・評判 

コースと料金   ★アクセス 

よくあるご質問   お問い合わせ・ご予約



 

PageTop