歯に異常は無いけど下の歯や下顎骨が痛い

横浜市鶴見区の顎関節専門整体 てらお整体院 いしいです。

 

「歯に異常は無いけど下の歯や下顎骨が痛い」場合についてお話しします。

虫歯では無いけど下の歯や下顎の辺りが痛い原因は、咬筋という筋肉のトリガーポイント(要は筋肉がこり過ぎている状態)による痛みかもしれません。

 

トリガーポイント疼痛パターン 咬筋

「トリガーポイント疼痛パターン」より

×印がトリガーぽんとが出来た場所で、赤い点が痛みの出る場所です。

トリガーポイント疼痛パターンを見ると、咬筋にできたトリガーポイントは下の歯や下顎、耳の辺りに痛みを飛ばすことが分かります。

「下顎や顎の付け根辺りが痛いので顎関節症かも・・・」と思ってお医者さんや歯医者さんに行っても「異常ないですよ」と言われてしまうかもしれません。

 

咬筋にトリガーポイントができてしまう原因は

食い縛り、歯ぎしり、片側だけで噛む癖、頬杖をつく・・・など顎に過剰に負担がかかる生活習慣です。

無意識にやっていることなので自覚しにくく、何度も繰り返してしまうのが厄介です (>_<)

 

咬筋の緊張を抑えるためのセルフケアとしては、頬をサー、サーっとやさしい感じで撫でるあげるとよいです。

 

 

まとめますと

歯に異常は無いけど下の歯や下顎骨が痛い場合は、咬筋がこり過ぎているのが原因の場合がある。

咬筋のこりを弛めるためには、頬をサーっと何回か撫でであげる。

できれば顎に負担がかかる生活習慣を少しずつ改める。

 

できることから始めてみて下さいネ (^.^)

 

自分で対処するのはたいへん、という方はお気軽にお電話下さいネ。

 

ご予約・お問い合わせは

 0120-01-3657 

鶴見で唯一の「痛み・しびれ専門」整体院

 「てらお整体院」

受付時間

 平日 9:30~19:00、

 土日 9:30~16:00

休業日:不定休(詳しくはお問い合わせ下さい)

鶴見区の整体「てら お整体院」TOPページ 

初めての方へ  みなさまの声・評判 

コースと料金  アクセス 

よくあるご質問   

お問い合わせ・ご予約


 

PageTop