ひとりでできる産後の骨盤矯正 腸骨筋ストレッチ

横浜市鶴見区の整体 てらお整体院 いしいです

今回は”ひとりでできる産後の骨盤矯正 腸骨筋ストレッチ”についてお伝えします。
抱っこやおむつを替えたり寝かしつけたりする動作などの前かがみの姿勢が多い育児中は、腰を痛めやすいので注意が必要です。

前かがみの姿勢が多いと、骨盤の奥の方の筋肉 腸腰筋がこってしまうからです。

今回は腸腰筋をストレッチする方法をお伝えしていきます。

まずは動画で。

 

静止画はこちら。
産後腰痛対策腸腰筋01

まず正座します。

産後腰痛対策腸腰筋02

両腕を膝の横につきます。

 

産後腰痛対策腸腰筋03

左脚を後ろに伸ばします。

産後腰痛対策腸腰筋04

上半身を脚を延ばした方(この場合は左側)に傾けます。

脚の付け根の奥の方、おへその横あたりが伸ばされる感じがしてくると思います。

腸骨筋、大腰筋、腹筋群が伸ばされているのです。

 

この状態で30秒ほど静止します。

 

30秒たったら、左脚を戻し、今度は右脚を後ろに伸ばして、

産後腰痛対策腸腰筋05

先ほどと同じようにストレッチを行います。

夜寝る前や日中に出来ればやってみて下さい。
朝は体が硬いことが多いので無理に行わないようにしましょう。

腸腰筋が適度に緩んでいると、骨盤矯正の効果が出やすいので、日頃から行っておくとよいでしょう。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PageTop